「フ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1ふくそう輻輳

電話回線やネットワーク回線において、回線が混雑して通話や送受信が困難になる状態のこと。輻輳は、利用者のアクセスが特定の回線に集中して、大量のトラフィックが流れ、回線処理の許容量を超えることによって生じる。輻輳が発生すると、通話が途切れたり通信不能になったりする。この事態を、回線がパンクすると表現されることがある。大災害が発生した際や、元旦のあいさつ、チケットの予約などの際に、同時に数多くの人がアクセスしたりする場合に、発生する事が多い。輻輳の発生時や事前に、回線を制限している旨のメッセージによって、これ以上回線に接続しないように通信制限をする。 […続き]

今日のピックアップ記事

2ぶどまり歩留まり

歩留まりとは、製造物全てに対する不良品ではない出荷物の割合を示す。大量に生産される工業製品は、一般的に全ての製品が出荷されるのではなく、製造ラインにおいて何割かの不良品が含まれる。この不良品を取り除いて出荷できる品の割合を、歩留まりと呼ぶ。歩留まりは、高い・低いという表現になる。工業製品の生産において、不良品が多く発生してしまう事を、歩留まりが低いという表現をする。歩留まりが低いと工業製品の原材料費や製造コストの無駄が増え、企業にとって収益の圧迫やイメージダウンへと繋がる要因となる。英語表記はyield... […続き]

今日のピックアップ記事

3ぶんぽうちぇっかー文法チェッカー

文章などを作った際にそれが正しい構文かどうかをみるのが文法チェッカーである。特に英文で作られた文章の場合は、複数形表示等のチェックをかけることで修正すべき点を多く見つけることができる。日本語の場合は、助詞の使い方などが指摘される場合が多い。また、文章に限らず、プログラムの構文のチェックも同様に行うことができる。これは、HTMLのプログラミングの際に多く利用されているようだ。どちらにせよ、ソフトウェアで提供されているため、そのソフトの辞書がどれほど高精度のものかによっても、チェック項目もかわってくる。 […続き]

今日のピックアップ記事

4ぶんさんしょり分散処理

分散処理は、複数のコンピュータを使って一つの処理を分散して行なうことである。また、1台のコンピューターに多数のプロセッサーを搭載して処理する方法もある。これも同様に分散処理である。分散処理は大規模な数値計算の場合に用いられる。たとえば、遺伝子解析や気象予測、暗号解読などである。もし仮に、これらの計算を単独のコンピューターで処理しようとすると膨大な時間がかかり、かなりの高性能なコンピュータが求められる。そのため、分割して並列に計算することによって、処理時間を短縮させるのである。仮想的に、1台のコンピューターのように見えるので、そのネットワークでつながった先は、安価なパソコンであっても問題ない。 […続き]

今日のピックアップ記事

5ぶんさんおぶじぇくとぎじゅつ分散オブジェクト技術

分散オブジェクト技術とは、いくつかのオブジェクトをネットワーク上のコンピューターに配し、それらを連携して動作させてシステムを構築する方法である。オブジェクトとは、共通の命令規約に従って動作するソフトウェア部品であり、このようなオブジェクトを使うことで、より効率的な処理が可能となる。オブジェクトは、ソフトウェアを機能別に細かく分割している。そのため部品として、システムの一部を担当することができる。また、再利用もしやすく、修正も小規模で済むため、システム全体の再構築がなく、開発効率の向上が見込まれることになる。 […続き]

今日のピックアップ記事

6ぶんさんこんぴゅーてぃんぐ分散コンピューティング

分散コンピューティングは、複数のコンピュータで、一つの高性能のコンピュータを仮想的に作り出すことである。現在では、ほとんどのコンピュータはネットワークにつながっている。そのため、これらのつながりをうまく利用することで複数のコンピュータで一つの処理を行うことが可能になっている。分散コンピューティングでは、いままで大型のスーパーコンピュータで行っていたような処理を、複数のワークステーションやパソコンで代用することができる。複雑で時間のかかる計算も、まるで、大型コンピュータを使ったかのように処理できるのである。 […続き]

今日のピックアップ記事

7ぶんさんおぶじぇくとぎじゅつ分割統治法

分割統治法は、大きな問題を解決するときに効率的に行う方法の1つで、そのままでは解決することが難しい問題を、細かく分割し、個別に解決することで全体を解決させる方法である。分割統治法にはいくつかのツールが用意されている。そのひとつは、クイックソートと呼ばれるもので、データの比較や交換の回数少なくした効率的なソート方法である。またマージソートと呼ばれる並び替えのためのシートもある。これらのアルゴリズムは、一般的に使われている。そして、これらを利用することで、たいへん効率的な問題解決ができるのである。 […続き]

今日のピックアップ記事

8ぶんきよそく分岐予測

分岐予測は、マイクロプロセッサを高速化させるための手法のひとである。複数の命令を流れ作業のように行うパイプライン処理において、複数の命令を流れ作業的に実行しているため、分岐命令でメモリ内の別の箇所に飛ばされてしまうと、後続の命令は処理を開始していてもすべて無効にしなくてはならない。これは、処理効率が大きく低下する。分岐予測は、この処理効率の低下を防ぐために、命令が分岐するかどうかをあらかじめ予測して、分岐がある場合は分岐先の命令をパイプラインに送ることで高速化を図る。Intel社のx86系MPUも、Pentium... […続き]

今日のピックアップ記事

9ぶつりそう物理層

ネットワークのプロトコルのモデルでは、7つの層に分かれて情報を持ち、それぞれを規定している。物理層は、ネットワークでのプロトコルの機能を表したOSI参照モデルでの、第1層を指している。このモデルは、全部で7層あり、物理層は、最も物理的な接続形式を規定している通信モデルといえる。物理層では、ネットワークの接続に関する情報が規定されている。その中には、伝送経路においてのデータ表現方式や、インターフェースの形状なども含まれる。実際には、コネクタのインターフェース形状や通信回線の材質、タイミングなどがこの層で規定されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

10ふくせいこんてんつ複製コンテンツ

Webサイトにおいて、コンテンツを盗用して他のサイト等で利用するケースがある。このコンテンツを複製コンテンツと呼んでいる。現在では、RSS配信が普及して、指定したサイトや関連キーワードの記事を自動的に収集して、貼り付けるプログラムも出回っているためコンテンツを複製するケースが増えている。通常は、配信元を付記して利用する場合が多く、これに問題は発生しないが、コンテンツだけ盗んで利用する場合は問題である。特に検索の順位において、オリジナルのほうが下位にある状態は、はたから見るとどちらが複製コンテンツか判断がつかない。 […続き]

1 / 5712345...102030...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/24

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。