「ヘ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1へんしん返信

返信とは、受け取った電子メールの返事を書き、送る事である。電子メールを受け取り、原文を残したまま返信を行うと、題名(件名)に「RE:」と表記される。そのため、返信が送られた相手は、受け取ったメールへの返信であると言う事が判る。電子メールを返信として返事を出す時には、「RE:」表記を消さずに送るのが一般的である。メールソフトでは、返信を行う際には自動的に題名に「RE:」が追加され、後にユーザーが変更する事も可能である。電子メールの返信のさいに追加される「RE:」は、ラテン語に由来する「~について」という英語の前置詞である。 […続き]

今日のピックアップ記事

2へんすう変数

変数とは、値を代入する記号や文字列である。プログラム内で複数のデータを取り扱う際や、同一データを何回も参照する場合に変数を利用する。プログラム中で変数を利用する場合は、変数が格納された場所を参照し利用が可能となる。変数では、整数・実数・文字列などのデータが扱える。利用する際には、予めどのようなデータを取り扱うのか宣言を行う。変数には種類があり、特定の関数や処理内だけで利用されるローカル変数や、プログラム全体で使用するグローバル変数等がある。その他、数学で数量を1つの文字で表す時に、任意の値を取りえる「x」や「y」といった文字を変数と呼ぶ。 […続き]

今日のピックアップ記事

3へいれつしょり並列処理

並列処理は、複数のCPUで、処理を分散して行う方法で、これらの処理はほぼ同時に実行される。これにより、システム全体の処理能力を上げることが可能となる。並列処理は、マルチプロセッサと呼ばれる一台のコンピューターに複数のマイクロプロセッサを搭載しているものや、プロセッサー内部に複数の処理装置を実装しているマルチコアなどの場合に、その内部でどのように処理が行われているかを示すものである。元々はコンピューター内部での処理に関する言葉だったが、現在では複数のコンピュータを並列に接続して、分散して処理を行う技術のことも並列コンピューティングと呼ばれる場合が多い。 […続き]

今日のピックアップ記事

4べつめいでほぞん別名で保存

別名で保存とは、既存のファイルを編集した後に、異なるファイル名を名付けて保存する事である。異なるファイル名で保存するため、編集前の既存のファイルの状態は保たれ、編集前の状態が維持出来る。ファイルの内容を初めて作成した場合や、新たに作成したファイルに名前をつけて保存する場合は、名前を付けて保存と呼ぶ。別名で保存と同意語として扱われる事もある。ファイルを別名で保存をするメリットとして、原本となるファイルがある場合は、データの保全が可能となる。また、作業の進捗状況を図るために、ファイルを別名で保存し、差分を集計する事もある。 […続き]

今日のピックアップ記事

5へいれつこんぴゅーてぃんぐ並列コンピューティング

並列コンピューティングは、システムの処理性能を向上させるために複数のコンピュータに処理を分散させる処理技術である。複数のコンピューターやプロセッサーで、ひとつのタスクを処理することになるため、処理の割り振りなど、細かな制御が必要となる。例えばCPUごとに、どの作業を行い、どこにその結果を吐き出すかによって、処理能力が変わってくる。使われる複数のCPUやコンピューターが、理想的な割り振りを行い、処理時間のロスなく実行されれば、単体のCPUで実行するよりも格段に処理が高速化することになる。しかし、その制御を間違えるとかえって遅くなることもある。 […続き]

今日のピックアップ記事

6ひらふみ平文

平文は、コンピューターに入力される文字列のうち、暗号化されていないデータのことを指している。一般的には、ログオン時等暗号化した文字列が使われるが、なんらかの理由で暗号化されないままネットワークに流出している状態を特に表すために用いられる言葉である。平文で流れているデータは、ネットワーク上で簡単に見ることができるので、特に機密情報などが含まれているような文章は、平文で流さず、暗号化させるほうが良いと言える。平文でパスワードなどを送信する通信手段としては、POP、FTP、telnetなどが良く知られていて、一般的に使われている。 […続き]

今日のピックアップ記事

7へいこうにぶんたんさくき平衡二分探索木

平衡二分探索木は、データ構造の一つである。二分探索木というデータ構造のうち、根ノードから子を持たない末端の葉ノードまでの深さがほぼ均一になるように構築されたものを特に平衡二分探索木と呼んでいる。もともと、二分探索木は各ノードの値よりも左の子ノードの方が小さく、右の子ノードの方が大きくなるように値が挿入されたものである。したがって、値を探索するには、決められた方法をとっていけば、一巡して探索は終了することができる。このような場合は、根から葉までの距離がなるべく均等な方が、探索効率が良いことになるため平衡二分探索木が利用されることになる。 […続き]

今日のピックアップ記事

8へいこうき平衡木

データ構造の代表的なものにツリー構造というものがある。これは、木のように根ノードから子ノードを呼び出し、それからさらに分岐されていくものである。ツリー構造の中で、根ノードから子を持たない葉ノードまでの深さが、だいたい均等になるように構築したものを平衡木と呼んでいる。平衡木では、根から葉まで辿ると、どの葉までもほとんど同じ数のノードを経由するので、処理時間をより短縮させることが可能となっている。ノードの挿入や削除が行われる度に構造は変化するため、都度ツリーを再構築して平衡木を保つ必要がある。 […続き]

今日のピックアップ記事

9へいきんふっきゅうじかん平均復旧時間

平均復旧時間とは、故障したコンピュータシステムがどれくらいの時間で復旧できたかの平均値を指している。一般的には、修理にかかった総時間数を故障回数で割って算出する。この数字は、もしシステムが故障してしまったらどれくらい復旧にかかるかの目安となる。復旧時間が短ければ短いほど、システムの保全性が高いシステムということが言える。この数値は、システムも保守の条件や、信頼度をはかるときに使われる数値である。平均復旧時間が短ければ、システムが原因のビジネスロスを少なく考えることができる。システムは必ずしも100%稼働しておく必要はないが、復旧が迅速に行われることは大切である。 […続き]

今日のピックアップ記事

10へいきんこきゃくかくとくたんか平均顧客獲得単価

平均顧客獲得単価とは、新規の顧客を1人獲得するためにかかった費用のことを指している。アドワーズ広告やオーバーチュア広告などのPPC広告における重要な概念であり、これにより、どれくらいの費用を新規顧客獲得にかけるかを計算したり、そのプロモーションの手法が顧客の購入単価と見合うかをみたりすることができる。平均顧客獲得単価は、その顧客がその後どれくらいのワレットシェアを持ち、購入をしてくれるかによって、単価が高かったか安かったかがわかるが、コンシューマビジネスの場合は、リピート客にするまでの費用も別途かかってしまうことを考えると、最初の初回購入額が目安になる。 […続き]

1 / 1412345...10...最後 »

人気キーワードランキング 2019/01/16

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。