「ホ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1ぼうそう暴走

「暴走(crash)」とは、利用中のプログラムの異常によってコンピュータが制御不能の状態に陥ることを言う。フリーズやハングアップは動作を受け付けないという停止状態であるのに対して、暴走はコンピュータが勝手な動きを行い、操作不可能な状態になる。フリーズやハングアップした場合には[Ctrl]+[Alt]+[Delete]などの操作により強制終了させ、回復することができるが、暴走した場合にはコンピュータの電源を落とさなければならない場合が多い。暴走した場合にはハードディスクが破損した可能性もあるので、その場合には早急に必要なデータを他の記憶装置に移行するなどして、交換や修理をしなければならない。 […続き]

今日のピックアップ記事

2ほじょきおくそうち補助記憶装置

補助記憶装置とは、コンピュータ本体と外部に接続する記憶装置である。コンピュータ内にある主記憶装置に加え、ケーブル等を利用し外部に接続している記憶装置全般を補助記憶装置と呼ぶ。主な補助記憶装置には、ハードディスクやCD-Rドライブ、DVD、USBフラッシュメモリ等が挙げられる。英語名では、補助記憶装置はauxiliary... […続き]

今日のピックアップ記事

3ほぞん保存

保存とは、作成や編集を行っているデータを、ハードディスク等の記憶装置に記憶させる事である。コンピュータ内にあるソフトウェアやデータを、記憶装置に記憶させる事も保存と呼ぶ。コンピュータ上のソフトウェアでは、自動的にデータの保存が可能なソフトウェアも多い。ワープロソフトや表計算ソフト等では、設定を行わない限りは手動で保存となるため、作業途中にも随所で保存をかけないと、データが破損した場合の復元が非常に困難となる。保存には、新規保存・上書き保存・別名で保存など種類が異なる。保存と呼ばれる場合、上書き保存を指す事もある。 […続き]

今日のピックアップ記事

4ほしゅ保守

保守とは、正常に取り扱えるよう、広く整備や点検を行う事を指す。コンピュータ関連では、ハードウェア及びソフトウェア、システムや装置等、幅広い内容が保守内容に含まれる。具体的な保守作業内容には、インストール済みのソフトウェアのバージョンアップやアップデート作業、コンピュータやその他付随する装置に関連した部品の交換、データのバックアップや復元といった作業全般が保守にあたる。メンテナンス(maintenance)も同意語として扱われる。リース契約で使用するコンピュータ関連機器では、保守契約を同時に結ぶケースが多い。 […続き]

今日のピックアップ記事

5ほわいとりすとホワイトリスト

ホワイトリストとは、受け入れる対象を列挙した一覧表を作り、そこに掲載されてないものを拒絶する方式の呼称である。対義語はブラックリストとなっている。ホワイトリストのメリットは、ブラックリスト方式によって電子メールのアドレス詐称が行われた場合にリストが無意味なものになることや、ブラックリストをデータベース化することによってコンピュータ資源が浪費されてしまうという問題を解消することである。しかしホワイトリストに指定出来るものは、膨大な数が存在しているWEBページや電話番号からすれば極々一部となってしまう欠点もある。 […続き]

今日のピックアップ記事

6ぼんだいぶるーボンダイブルー

ボンダイブルーとは、iMacの最初期モデルのボディカラーの呼称である。最初期のモデルは、15インチCRTを装備した一体型ケース、キーボード、マウス、電源ケーブル、モジュラーケーブルまでトランスルーセントと呼ばれる半島Mネイであった。そしてトランスルーセントと共にボンダイブルーと呼ばれる印象的なカラーが魅力的なデザインとなり、低価格も広く受け入れられ、大ヒット商品となった。ボンダイブルーとはアップル社による造語であり、シドニーのボンダイビーチの色からネーミングを考えたと言われている。iMacの最初期モデルによって、半透明グッズブームが始まった。 […続き]

今日のピックアップ記事

7ほわいとぼっくすてすとホワイトボックステスト

ホワイトボックステストとは、システムテストの手法の中で、論理構造に着目したテストの呼称である。ホワイトボックステストは、プログラムの外部仕様には着目しない。そして論理を実装する為に使われている命令や分岐の動作確認を主としたチェック内容となっている。ホワイトボックステストではプログラム側からテストが行われる為、仕様を間違って作っていても正しい結果が得られる特徴がある。これに対して内部仕様には関知せず、外部使用だけに着目して動作することをチェックするテスト手法は、ブラックボックステストと呼ばれている。 […続き]

今日のピックアップ記事

8ほわいとのっくすホワイトボックス

ホワイトボックスとは、特定のメーカーではなくパソコンショップなどが店舗ごとに独自に組立てられたパソコンの呼称である。パソコンは基本的に、主要部品を部品単位で購入することが可能となっている。メインメモリ、ハードディスク、ディスプレイ、本体ケースもパーツとして販売されている。このような理由で、個人でもパーツを組み立ててオリジナルのパソコンを作ることが可能となっている。ホワイトボックスとは、このような手作りパソコンの中で、販売店などが独自に販売されているものの呼称である。ブランドを持たない無地の箱という意味で、ホワイトボックスと呼ばれている。 […続き]

今日のピックアップ記事

9ほわいとぺーじさーびすホワイトページサービス

ホワイトページサービスとはインターネット上で電子メールを検索できるサービスの事である。電子メールはサーバ上で設定する郵便ポストみたいな物なので、住所を検索するように検索できる。ホワイトページサービスを使用する事で、メールアドレスを調べる事が出来るので、自分の電子メールアドレス帳に登録してあるアドレスが誰の物かわからなくなった時に重宝する。近年では電子メールでやり取りする事が増えており、スマートフォンや携帯機器の開発により、どこでも受け取れる、どこでも返信できるようになっている。その便利さゆえ、メールアドレスの登録が増えている。そんな時代だからこそ欠かせないサービスだ。 […続き]

今日のピックアップ記事

10ほわいとぺーぱーホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、政府の各省庁によって行政活動の現状、対策、展望などを国民に知らせる為に作られた報告書や、特定の商品や技術の利点を指示した文書の呼称である。別名、白書と呼ばれている。日本におけるホワイトペーパーは、昭和22年に片山内閣が発表したのが最初となっている。マーケティングにおけるホワイトペーパーは、マーケティングコミュニケーションの為の文書であり、調査された問題やトピックと関連した具体的な製品やソリューションを売り込むデザインとなっている。ホワイトペーパーによって製品や会社のネガティブな部分を最小化し、好ましい情報を拡散するという役割を持っている。 […続き]

1 / 1612345...10...最後 »

人気キーワードランキング 2019/01/16

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。