「ム」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1むりょうつうわぶん無料通話分

「無料通話分」とは、携帯電話に於いて一定部分の通話料やパケット通信料が基本料金に組み込まれ、無料で通話や通信ができる時間やデーター量を言う。携帯料金の料金プランは通話時間や通信料に応じた従量課金が基本であるが、月額の料金プランでは初めに一定部分の通話や通信ができる無料通話分が設けられているプランが多くなっている。基本料金が高いプランは、無料通話分が多く月額基本料金に組み入れられているため、無料通話部分が多く、基本料金が安いプランは逆に無料通話部分が少なくなっている。また無料通話を使いきれないユーザーもいるために、翌月に繰り越したり、家族で分け合えるサービスもある。 […続き]

今日のピックアップ記事

2むだんりんく無断リンク

「無断リンク(link without permission)」とは、インターネット上でリンクを貼る時に、Webサイトの管理者に許可を求めることなくリンクを貼ることを言う。本来は、Webページは世界に情報を発信し公開するので、Webサイトがリンクされるということは当然であるという一般的な共通認識であったが、現在ではリンクを貼る際には許可を得ることがマナーとされている。無断リンクついてはインターネットの公開性やマナーの問題から賛否両論があり、どちらが正しいとは一概には言えず論争にもなっている。ただリンクについて管理者が禁止の旨表示していた場合には、それに従ったほうが良さそうである。 […続き]

今日のピックアップ記事

3むていでんでんげんそうち無停電電源装置

「無停電電源装置(uninterruptible power supply)」とは、停電の様に電気を供給できないようなトラブルが発生した時に、コンピュータに内蔵した電池や発電機により電気をしばらくの間供給する装置を言う。電気が供給されないような状態が発生すると、自動的にバッテリから電気が送られ、コンピュータ利用者はその間に異常終了することなく、安全にパソコンのプログラムなどを終わらせることができる。無停電電源装置は一般的には企業や公官庁などの基幹のコンピュータに設置されているが、近年では家庭用で使われるパソコンに装備されている機種もある。 […続き]

今日のピックアップ記事

4むせんらんほっとすぽっと無線LANホットスポット

「無線LANホットスポット」は「Wi-Fiホットスポット」とも「公衆無線LANスポット」とも言われ、空港や駅、宿泊施設、飲食店、公共施設などで無線LANによってインターネットへの接続ができる場所を言う。無線LANホットスポットでは、無線LANの機能があるモバイバルパソコンやスマートフォン、携帯電話、ゲーム機などで使用でき、外出先で通信費用を考えずに、高速なネットに接続することができるので普及している。無線LANホットスポットには通信会社が設置しているものと、商業施設などが営業施策のひとつとして設置しているものとがある。 […続き]

今日のピックアップ記事

5むせんらんるーた無線LANルータ

「無線LANルータ(wireless LAN router)」はWi-Fiルータとも言われ、無線LANのアクセスポイントの働きを持った高速なブロードバンドルータを言う。無線LANルータは一般的なアクセスポイントと異なり、WAN側にADSLモデムなどに繋げるためのポートをもち、PPPoEなどでブロバイダーに接続する。無線LANルータを設置することにより同時に複数のパソコンやプリンター、ハードディスク、ゲーム機、テレビ、レコーダーなどの周辺機器に接続することができる。またプリンターの共有やプリンターの設置する場所も自由であり、ケーブルで美観を損なうこともない。 […続き]

今日のピックアップ記事

6むせんまうす無線マウス

「無線マウス(wireless mouse)」とはパソコンと接続するときにケーブルを使用せず、赤外線や電波を使って接続するマウスを言う。パソコンにはケーブルによりレシーバーを接続し、そのレシーバーとマウスの間がコードレスとなる。パソコンには無線マウス用のインターフェースは必要とせず、レシーバーをUSBポートやシリアルポート、PS/2ポートなどに接続する。ケーブル付きのマウスでは操作が邪魔なことも往々にしてあったが、無線マウスでは机の上を広く使用することができる。マウスの中には電池が入っており、マウスが多少重く感じることもあり、電池切れが起こると操作ができなくなる。 […続き]

今日のピックアップ記事

7むせんらんぶりっじ無線LANブリッジ

「無線LANブリッジ(wireless LAN bridge)」は無線LANアクセスポイントともWi-Fiブリッジとも言われ、無線LANで端末機を接続する際の電波を中継する機器を言う。無線LANには各端末が通信を行うアドホックモードとアクセスポイントを利用することによって2台以上の機器を接続できるインフラストラクチャモードがある。無線LANブリッジは通信方式により対応できないものもあるので、違うメーカーの製品を接続する場合には互換性があるかどうかを調べる必要がある。また無線LANのアクセスポイントとアダプターには同じESSIDが割り当てられ、同じESSIDを持つ端末同士のみの通信しか中継できない。 […続き]

今日のピックアップ記事

8むせんらんこねくた無線LANコネクタ

「無線LANコネクタ(wireless LAN connector)」とは、無線LANアダプターともいわれ、パソコンのインターフェースに差し込むことにより、無線LANに接続することができる拡張カードのことを言う。無線LANコネクタには、パソコンの接続インターフェースに対応してPCカード型のものやUSBに差し込むタイプのものがあるがUSBタイプのものは差し込むものが簡単であり普及してきている。また家庭用のゲーム機などは有線LANインターフェースしか持たない場合が多く、それに対応してコンバーター型の無線LANコネクタもある。また無線LANを設定するためには、アクセスポイントを設置しなければならない。 […続き]

今日のピックアップ記事

9むせんらんでじかめ無線LANデジカメ

「無線LANデジカメ」とは、デジタルカメラの中に無線LANを組み込んだものであり、スマートフォンやタブレットに写真を転送することにより、SNSやブログに簡単にアップロードできる。従来はデジカメからパソコンに取り込んでから、ケーブルやメモリカードを使って作業する必要があったが、無線LANデジカメにより写真を撮ったその場でアップロードできるようになった。また使用しているカメラが無線LANに対応していない場合には「Eye-fi... […続き]

今日のピックアップ記事

10むせんらんかーど無線LANカード

「無線LANカード(wireless LAN card)」とは、無線LANに接続する機能を持つ拡張カードでパソコンに挿入して使用する。他にパソコンに接続するインターフェースに対応して、PCカード型、USB型など、複数のタイプがあるが、近年はあらかじめ無線LAN接続機能を持つパソコンが多くなってきている。無線LANは「IEEE802.11g」、「IEEE802.11n」などの通信方法によって規格が決まっているので、対応した商品であるかどうかを確認して購入することが大事である。またオフィスや家庭などで無線LANを設置するためには、親機である無線LANアクセスポイントを設置しなければならない。 […続き]

1 / 3123

人気キーワードランキング 2019/03/25

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。