「モ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1もどりち戻り値

戻り値とは、コンピュータープログラムにおいて、処理の呼び出し元に、関数やサブルーチンの処理結果として返す値。返り値ともいう。戻り値は、関数やサブルーチンの計算処理結果や正常に処理が完了したかを数値や文字列で表す。関数やサブルーチンの処理では、メインルーチンなどの呼び出し元から引数というデータが渡され、正常に処理が完了した場合、一般的に0、または、正の値を処理結果のデータとして呼び出し元に返す。正常に処理が完了しなかった場合は、負の値などが処理結果のデータとして呼び出し元に返され、エラーメッセージが表示される。プログラミング言語によって、戻り値が必要ない関数を作成できる。 […続き]

今日のピックアップ記事

2もえ萌え

萌えとは、若者言葉のスラングで、愛しさ等の行為や愛着の感情を示す言葉である。本来の日本語では、萌えとは「芽が出る」、「芽ぐむ」。「きざす」という意味を持つヤ行下二段活用の動詞となる。現代でも本来の日本語が持つ意味で萌えという単語が利用されるが、若者言葉として定着している。スラングとして利用される場合は、ア行下一段活用となり、自動詞として扱われる。スラングで萌えの対象となるのは、主に架空のキャラクターで利用する場合が多くみられた。現在では、単純に愛着を持つ物や人に対して、萌えという単語を利用する事が多い。 […続き]

今日のピックアップ記事

3もじせっと文字セット

文字セットは、コンピューターの表示のために用意された文字を表示するためにデータの集合体である。アルファベット、ひらがな、漢字など別に文字セットが用意されている。文字セットには、文字コードがあわせて割りあてられている。コンピュータで利用できる文字の集合で文字セットがあり、その中に固有の文字コードがあるという形になっている。実際、日本語の文字セットを表現する文字コード体系はJIS... […続き]

今日のピックアップ記事

4もじばけ文字化け

文字化けは、コンピューター上の文字がなんらかの理由で正しく表示されないことをいう。特に、日本語の全角かなや漢字において発生することが多く、この場合は、英数字のような半角文字に変換されてしまう。文字化けの主な原因として多くは、送信側と受信側の端末でそれぞれが異なる文字コードを用いて閲覧している場合である。また、テキストを送受信したに何らかの原因でノイズが混入したり、データが欠落したりすることも考えられるがこれはあまり多いケースではない。また、受信側のコンピューターに必要なフォントがなかったために、機種依存文字が化けるというケースもある。この場合は、必要なフォントセットを受信側にインストールするか、送信側で機種依存文字を使わないように取り決める。 […続き]

今日のピックアップ記事

5もじこーど文字コード

文字は、コンピュータで判断するためには、その形状ではなく、決められたユニークの番号を利用する。その番号を文字コードと呼んでいる。文字コードは、文字や記号一つ一つにつけられている。文字コードの体系で最も有名なものは、アルファベットでは、アスキー(ASCII)であり、日本語の文字コードとしては、JIS... […続き]

今日のピックアップ記事

6もんてかるろほうモンテカルロ法

モンテカルロ法とは、大量の乱数で何度もシミュレーションを行い近似解を求める計算方法で、確率論的問題を解析するために用いられる。解析を行いたい条件式に対して、コンピューターで作成した乱数を当てはめる。この操作を繰り返すことで大量なサンプルを採取し、近似解を求める。膨大な回数のシミュレーションを行うことで、限りなく精度の高い近似解を得ることができる。コンピューターで計算を行うことで、大量の乱数を発生させることや演算に時間がかかるなどの問題を解決したうえ、演算結果の統計までコンピューター上で処理できることから、効率的な解析を行うことができるようになった。 […続き]

今日のピックアップ記事

7もらるはざーどモラルハザード

モラルハザードとはもともと保険関連の用語で、危機に対する補償をかけたことにより、それが危機回避の妨げになってしまうことである。生命保険に加入した人が、保険をかけたこと自体に安心感を覚えて不摂生になり、病気にかかる可能性が高まってしまうような状態や、火災保険をかけたのに注意を怠り火災を起こしてしまうような状態を指す。金融業界でも、セーフティネットを整備して救済策を張ることで危機管理を十分に行わなくなってしまうといった問題もある。日本独自の用法で、「倫理の欠如」と訳されることがあるが、誤用であるためあまり好まれない。 […続き]

今日のピックアップ記事

8もりさわモリサワ

モリサワとはPostScriptフォントで第1位の市場シェアを誇る手動写植機や電算写植機のメーカーである。こちらで作成されたフォントはDTPにおけるスタンダードになっている。1948年に森澤信夫が写真植字機製作株式会社として会社を立ち上げ、創業している。また、1971年には社名を変更してモリサワとなっている。本社は大阪市に存在している。この様にモリサワとは社名変更により生まれた名前になっている。会社としてはフォントを扱う有名な会社になっており、現時点でも多大な人気を集めている。これからも注目される技術になっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

9もばげーたうんモバゲータウン

モバゲータウンとはDeNA(株式会社ディー・エヌ・エー)が提供するソーシャルサービスの名称の事である。モバゲータウンはソーシャルネットワークを中心とした携帯電話などのモバイル端末を対象とするサービスで、日記紹介や友人紹介やメッセージのやり取りなどができる。また、モバゴールドという仮想通貨があれば、アバターのデコレーションが楽しめるようになっている。今やモバゲータウンを利用する会員は500万人を突破していて、中学生や高校生などの若年層を中心に爆発的な人気を呼んでいる。気軽に出来るコミュ二ケーションサイトとして現在も成長している。 […続き]

今日のピックアップ記事

10もぶろぐモブログ

モブログとは携帯電話などの携帯通信端末からインターネットに接続して閲覧・投稿できるブログの事である。カメラ付きの携帯電話であれば、写真をブログに投稿できるし、ブログを記載したいと思ったらその場ですぐブログを記載できる。パソコンの前に座って記載するブログより、リアルタイムに描く事ができる事から、ブログに独特の臨場感や軽快さが出ている。そのため、多くの人に利用されている。現代ではブログが毎日更新されている。その背景にはモブログにより、ブログの記載がより楽しくなった事も挙げられている。現時点でもモブログを沢山の人が利用している。 […続き]

1 / 812345...最後 »

人気キーワードランキング 2019/01/16

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。