「ユ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1ゆがみをゆるすあっしゅく歪みを許す圧縮

圧縮したデータを元に戻した場合、完全には元通りにならない圧縮方法の分類のこと。別名、不可逆圧縮、Lossy compressionともいう。画像のJPEGや音声のMP3、映像のMPEGなどの圧縮ではデータにある程度の損失が出ても、音声や画質の大きな変化はみられないため、ある程度の情報損失を許すなら、劇的に圧縮率を高めファイル容量がを減らすことができる。歪みを許す圧縮に対して、テキストやプログラムなどは完全に復元する事が求められるため、この圧縮方法は適さない。そのような時は、歪みを許さない圧縮(可逆圧縮)を用いる。 […続き]

今日のピックアップ記事

2ゆがみをゆるさないあっしゅく歪みを許さない圧縮

圧縮したデータを元に戻した場合、完全に元通りになる圧縮方法の分類のこと。別名、可逆圧縮、Lossless compressionともいう。そのような圧縮には、ZIPやLHAなどの圧縮ソフトが必要である。テキストデータやプログラムなどのファイルは、データが変化してしまうと正しく利用できないため完全な復元が必要である。歪みを許さない圧縮に対して、画像や音声、映像などの圧縮ではデータにある程度の損失が出ても大きな変化はみられないため、多少の情報損失を許して高圧縮をすることがある。そのような時に用いられる圧縮方法については歪みを許す圧縮(不可逆圧縮)という。 […続き]

今日のピックアップ記事

3ゆうりょうりんく有料リンク

有料リンクとは、Webサイト上に金銭などと引き換えに別のWebサイトのリンクを設置すること。ペイドリンクともいう。有料リンクは、他のサイトからのリンク数が自身のWebサイトの評価として考慮されるSEO対策(検索エンジン最適化対策)の一環として行なわれる。有料リンクは、意図的に評価を得ようとするためのリンクであると言われている。一部の検索エンジンにおいては、Webサイトの評価を公平に行なえないため、リンク評価において有料リンクを除外することや、リンクの取引が実際に行なわれているWebサイトの評価を下げるなどの対処が施されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

4ゆうせん有線

有線とは、金属線などのケーブルでつなげ合わせる通信する方式。無線の対義語。電波を受信できる範囲ではどこでも通信が行える無線通信に比べ、有線での通信はケーブルが届く範囲内での通信に限られ、利用端末が増えるほどハブなどの集線装置の設置が必要になるが、データ通信時に外部からの干渉などの影響が少なく、安定した通信が行える。無線通信において、電波が届く範囲で複数の端末が電波共有をすることで通信速度が下がってしまう。それに比べ、有線通信であれば有線分の端末のみが共有するため一定の通信速度を保てるというメリットがある。 […続き]

今日のピックアップ記事

5ゆうりょうりすてぃんぐさーびす有料リスティングサービス

有料リスティングサービスとは、検索エンジンにおいて、キーワードの検索結果ページに料金を支払いスポンサーサイトとして掲載される広告サービス。ペリスティング広告、ペイドリスティングともいう。料金を支払い広告に合ったキーワードを登録することで、検索結果ページに広告が表示され、ユーザが掲載広告のWebサイトを閲覧することで、広告主はWebサイトのアクセス数を獲得できる。複数の広告主が同じキーワードを登録すると、オークション形式でスポンサーサイトの掲載エリアが競売される。広告のクリック数で課金されていき、クリック数の多い広告がより目立つ場所に掲載される。 […続き]

今日のピックアップ記事

6ゆうげんようそほう有限要素法

有限要素法とは、離散的な近似値を用いた数値解析法の一つ。形が複雑な要素である解析対象を単純な小さいパーツに分割し、とびとびの値の近似値より要素全体の振る舞いを求める。たとえ形が複雑であっても、小さいパーツへと要素を分割することにより容易に解析が行える。全体の形状から小さいパーツに分割する際に、細かくパーツを分ければ分けるほど、計算処理の量が膨大になるが、全体の振る舞いを求めるための近似値はより正確になる。CAD(computer... […続き]

今日のピックアップ記事

7ゆうこうがそすう有効画素数

有効画素数とは、デジタルカメラなどで写真を実際に撮影するために用いられる画素の総数。有効画素数は、カメラに内蔵されているイメージセンサーの撮像素子の総数より若干少ない。通常、有効画素数と画像データの記録画素数は等しいが、スーパCDDハニカムという特殊なイメージセンターを搭載している富士写真フィルムのデジタルカメラにおいては、有効画素数と記録画素数と異なる場合もある。デジタルカメラの性能の目安として有効画素数が使用され、ユーザがデジタルカメラを購入する際の指標となっており、現在は800~1200万画素のデジタルカメラが多く出回っている。 […続き]

今日のピックアップ記事

8ゆうきいーえるでぃすぷれい有機ELディスプレイ

有機ELディスプレイとは、電流によって発光する有機物質を用いたディスプレイ。有機エレクトルミネセンスディスプレイ、OELD(Organic Light Emitting Diode)ともいう。従来の液晶ディスプレイは、発光のためにバックライトが必要だが、有機ELディスプレイは、自発光体を用いることによりバックライトが必要なくより薄型化が可能である。少ない消費電力で発光でき、輝度が高く、応答速度においても液晶ディスプレイを凌ぐ。携帯端末において有機ELディスプレイの搭載が進んでおり、これからの薄型ディスプレイ技術として期待されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

9ゆびきたすしゃかいユビキタス社会

ユビキタス社会とは、いつでも、どこでも、何でも、誰でもがコンピュータを始めとしたネットワークに繋がることによって、様々なサービスが提供されると共に、人々の生活が豊かになる社会の呼称である。ユビキタス社会ではパソコンによってネットワークに繋がる以外に、携帯情報端末や屋外、電車、自動車等、あらゆる時間や場所でネットワークに繋がることが出来る。そしてパソコン同士がネットワーク上で繋がるだけでなく、物と物、人と物、人と人が繋がることが出来る社会である。日本国内では様々なプロジェクトによって、ユビキタス社会への推進が行われている。 […続き]

今日のピックアップ記事

10ゆびきたすこんぴゅーてぃんぐユビキタスコンピューティング

ユビキタスコンピューティングとは、あらゆるモノにコンピュータが内蔵されることで、いつでもどこでもコンピュータ支援が得られるようになる社会や概念の呼称である。ユビキタスコンピューティングが目指すところは、コンピュータがコンピュータとして意識されることなく、身近にあるものとして認識されることである。この概念はマサチューセッツ工科大学では、ウエアラブルコンピューティングという名称で研究が行われ、米IBMでは同様の環境をバーベイシブ・コンピューティングと称している。東京大学でも1980年前半に、同様の概念が提唱されていた。 […続き]

1 / 612345...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/24

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。