「リ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1りんりこうりょう倫理綱領

企業や、団体がその社員や会員などに対して倫理的な法令遵守の方針を示すための綱領のことである。「綱領」とは、一般に政治組織や党派における目的と筋道を定めた文書をいい、存在理由、趣旨、方針等を簡潔に文章にしたものが多い。倫理綱領は、企業や組織における社会的役割について、社員や所属員がとるべき倫理的行動を簡潔に文書で示す形となっていることが一般的である。企業や、専門性の高い職業の団体などは、その業界や職業における社会的な役割の認知度を向上することも目的として、企業理念、経営姿勢、行動規範等と共に倫理綱領をホームページなどで公開している。 […続き]

今日のピックアップ記事

2りょうしかびっとすう量子化ビット数

量子化ビット数とは、アナログ信号をデジタル信号の量子化処理時に、何段階で信号の量子化を行なうかを示す数値。サンプリングビット数ともいう。量子化ビット数の値が大きいほど、変換したデジタル信号が元のアナログ信号との誤差が少なく、精度の高いものが得られるが、量子化の回数が増えるため、変換後のデータ情報も増加する。量子化ビット数が8ビットでは0~256の256段階の値、16ビットでは0~65536の65536段階で値での表現でき、ビット数が大きい方が、元のデータ情報の再現性が忠実に行なえる。音楽CDは16ビットまで対応。 […続き]

今日のピックアップ記事

3りょういき領域

コンピュータにおいてプログラム操作時に処理がなされる範囲や、メモリやハードディスク(HD)などで操作が実行できる範囲を領域という。仮想的に分割が可能であるメモリやハードディスクにおいて、例として、「メモリ領域」、「ハードディスク空き領域」などのように用い、コンピュータの内蔵ハードディスクにあらかじめOSがプリインストールされている範囲をリカバリー領域という。ワープロソフトなどで作成ドキュメント上に複数の図形などを挿入し、操作する際に用いる描画専用の範囲や、ドキュメントの印刷範囲などを描画領域、印刷領域ともいう。 […続き]

今日のピックアップ記事

4りょういきかくほ領域確保

領域確保とは、ITの用語においては、ハードディスクやメモリ内にシステムやプログラムを格納、動作させるための領域を確保することをいう。ハードディスク内にドライブを割り当てるための領域確保(パーティショニング)を行うことにより、OSからドライブとして認識される。この場合、領域確保を行うツールが、OSに付随して提供される場合がほとんどである。ソフトウェアやアプリケーションをインストールをする際には、動作環境を展開するために必要なハードディスク容量や、動作するために必要なハードディスク容量を確保することも必要である。またシステムやプログラム、アプリケーションがコンピュータ内で確実に動作するための、メモリ領域を確保する場合もある。 […続き]

今日のピックアップ記事

5りょうしあんごう量子暗号

量子暗号とは、量子力学の理論を活用した通信時の暗号化技術。素粒子の一つである光子の量子状態を用いて量子暗号通信が行われる。量子暗号の送受信時に何者かが通信経路上で観測していると量子状態が変化するため、盗聴が明らかに探知される。量子暗号は、光ファイバー通信の長波長帯(1550nm)を用いてデータの送受信を行なう。コンピュータの性能が向上すると解読が可能になる他の暗号化技術に比べて、量子暗号は、量子力学の不確定性原理上、暗号の解読が不可能であり、盗聴された場合でも探知できるセキュリティ面で強力な暗号である。 […続き]

今日のピックアップ記事

6りょうしか量子化

量子化とは、連続する量を離散値で表すことや、その離散的な値を近似して表示すること。アナログ信号をデジタル信号へ変換し、コンピュータでデータの処理が行えるようにする際に量子化が行われる。音、光などの変化を連続的に計測するには、コンピュータで処理できる信号に変換する必要がある。計測の際、一定間隔でアナログ信号を測定して、信号の振幅を離散的な近似値で表す。量子化では、アナログ信号からデジタル信号への変換器によって、「量子化ビット数」という信号を何段階で表すかの数値が異なる。量子化ビット数の値が大きいほど、元のアナログ信号との誤差が少ない。 […続き]

今日のピックアップ記事

7りょうしこんぴゅーた量子コンピュータ

量子コンピューターとは、コンピュータ処理に量子力学的原理を応用した超高速に並列的な計算が可能であるコンピュータ。量子計算機ともいう。通常のコンピュータでは、データ単位のビットを表す際、1ビットは「0」または「1」のどちらかしか持てないが、量子コンピュータでは、量子力学的な「重ね合わせ」の状態を利用することにより、情報の最小単位である量子ビットでは同時に複数の「0」と「1」を持つことができるため、複数の計算が超高速で並列処理できる。2013年5月にGoogle社がカナダのD-Wave... […続き]

今日のピックアップ記事

8りょうしこんぴゅーたー量子コンピューター

量子コンピューターとは、コンピュータ処理に量子力学的原理を応用した超高速に並列的な計算が可能であるコンピュータ。量子計算機ともいう。通常のコンピュータでは、データ単位のビットを表す際、1ビットは「0」または「1」のどちらかしか持てないが、量子コンピュータでは、量子力学的な「重ね合わせ」の状態を利用することにより、情報の最小単位である量子ビットでは同時に複数の「0」と「1」を持つことができるため、複数の計算が超高速で並列処理できる。2013年5月にGoogle社がカナダのD-Wave... […続き]

今日のピックアップ記事

9りゅうたいどうあつじくうけ流体動圧軸受

モータなどの動作を潤滑させるために回転軸と軸受の間に気体や液体を満みたすことを流体動圧軸受という。流体軸受ともいう。動作の潤滑を促すために油を用いた場合、オイルベアリングという。一般的な金属で作られている球体と潤滑油を回転軸と軸受の間に満たすボールベアリングと比較すると、流体軸受流体動圧軸受は回転軸と軸受の間が気体や液体のみで満たされているため、モータ回転時の摩擦が少なく、滑らかに動作する。ハードディスクや空冷ファンにおいて流体動圧軸受が採用されており、摩擦を抑えるれるためモータの長寿命化ができ、モータ動作時の騒音も削減できる。 […続き]

今日のピックアップ記事

10りょうたんそろえ両端揃え

両端揃えとは、作成文章の段落の左右がページ両端に配置できるワープロソフトなどの文字の配置機能。均等割付、均等配置、ジャスティフィケーションともいう。両端揃えでは、文字間隔を調整し段落の右端と左端を整える。欧文において、両端揃えによって極端に行の文字間隔が広い場合などはハイフネーションによって単語を2行に分けることで、体裁を調整する。文章の段落行末では、両端揃えによって他の行よりも文字間隔が広い行になり、表示文字数が他の行と比べると非常に少ない場合もあり、行末の1行のみを左端揃えで配置することが多い。 […続き]

1 / 2412345...1020...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/25

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。