「ル」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1るいしんかぜいほうしき累進課税方式

累進課税方式とは、課税対象の所得の額が大きいほど、高い税率を課す課税方式のこと。累進課税方式には、「超過累進課税方式」と「単純累進課税方式」の二種類がある。超過累進課税方式は、課税対象所得が一定額以上の場合に、その一定額を超えた部分に高い税率を課す課税方式。単純累進課税方式は課税対象税所得が一定額以上になった場合に、その課税所得全体に対して高い税率を課す方式である。日本では、超過累進課税方式を採用している。単純累進課税方式は税率によって所得金額が他の所得層と逆転してしまう可能性があるが、超過累進課税方式ではこれは発生しない。累進課税に対して、所得が少ないほど税率が高くなる方式を逆進税という。 […続き]

今日のピックアップ記事

2るびルビ

ルビとは、対象となる文字列に添って、注釈を付け加えたりするための補助情報の事である。日本においてのルビの用途は難しい漢字に付ける振り仮名になっている。内容としては基本の文字列の上にルビをつける文字列より小さいサイズの振り仮名を付けている。この様に日本の場合は読みにくい漢字や分かりにくい漢字の振り仮名に使う事が多くなっている。しかし、アルファベットにも振り仮名を付ける事も最近の国際社会では多くなっている。ルビは用途に応じて様々な使用の仕方が出来る様になっている。特に読みにくい漢字が多い日本では欠かせない要素となっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

3るっくあんどふぃーるルックアンドフィール

ルックアンドフィールとはみばえ(look)や感じ(feel)という意味の総合的な意味を指している。主にOSやアプリケーションのデザインや操作感を指して使われる言葉として使用されている。たとえば、画面上でのアイコンや表示されているウィンドウをマウス操作で動かしたり、ダブルクリックして開いたりできるようなことをさしている。特にJavaでは、複数のルックアンドフィールを切り替えられる機能を持っている。この様にルックアンドフィールはシステムなどの操作感覚を泡ラス言葉としては欠かせない要素となっている。また、ルックアンドフィールがある事で、システムの操作感覚の効率を上げる事にもなっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

4るっくあんどふぃーるルック&フィール

ルック&フィールとはコンピュータの作業画面の見た目や操作感の事を指している。ウィンドウのデザインやアイコンの配置や操作方法やその事に対する画面や音による反動というふうに全体を把握したような印象を与えている。ルック&フィールはOSやウィンドウシステムによって基本的に統一されていて、同一上のウィンドウシステムで動くアプリケーションであれば、ほとんど同じ感覚で操作できる。この様にルック&フィールはコンピュータによる作業効率の均等化を図る事が可能になっている。そのため、パソコン作業が多いところでは多く取り入れている技術になっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

5るっくあっぷルックアップ

ルックアップとは表計算ソフトやデータベースソフトなどのデータを必要とするソフトの中で、あらかじめ作成されているテーブルの中から必要なデータを抽出する機能のことである。このルックアップがある事により、簡単に任意のデータの抽出が可能になっている。特に表計算やデータベースなどでは毎日データが増えるので、抽出がないと対応が追いつかなくなってしまうという状態が発生している。そのため、表計算やデータベースを扱う物にとっては欠かせない技術となっている。特に沢山の顧客情報を扱っている会社では多く使用されている技術になっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

6るーらールーラー

ルーラーとはルーラと同じ意味で呼び方が違うだけの呼称である。役割としてはマイクロソフトが提供するワープロソフトでは段落ごとのインデントや字下げなどの調整に用いられる事が多く、グラフィックソフトでは画像の位置を調整したり、実寸との対比をさせたりする用途で使用されている。この様に文字列のルーラー画像のルーラーとでは、動かす対象が違うため、用途が変わっている。しかし、対象の大きさの把握のために使われているという意味では同じ働きをしている。そのため、ルーラーは日本語では定規という意味で呼ばれている。正確に文章や画像を作成するには欠かせない機能となっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

7るくすルクス

ルクスとは照度を表す単位の事である。国際単位系(SI)の一部として認識されており、室内の明るさを示す際に多く用いられている。そのため、VDT障害の予防の対象として言及される事が多くなっている。VDT障害とはディスクワークをするものにとっては良く聞く言葉で、労働衛生管理のためのガイドラインとして用いられている。そしてそのVDT障害の対策の中に何ルクス以上の明るさで作業するようにと明記している。これがVDT障害の予防の対象として言及と呼ばれるもので、指定されたルクスの明るさでVDT作業をする事により、目にかかる負担を減らす事ができる。 […続き]

今日のピックアップ記事

8るーらルーラ

ルーラとはワープロソフトやグラフィックソフトの機能で、文字や画像の位置を調節するためにある、ウィンドウ上部や左側にある目盛りの事である。日本語で言い換えると定規という意味になっている。マイクロソフトが提供するワープロソフトでは段落ごとのインデントや字下げなどを調整するために使用している。そして、グラフィックソフトでは画像の位置を調整したり、実寸との対比などに使用している。そして、ワープロソフトでは、ルーラが不要な場合にルーラをウィンドウから消して、表示領域を広げる機能がついているものが多くなっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

9るーぶるごういルーブル合意

ルーブル合意とは1987年にパリのルーブル宮殿で開かれた7カ国の蔵相によって作られた為替レートの水準に関する合意の事である。当時進行していたドル安に歯止めをかけるために、日米間の通貨レートの不均衡を是正する事を目的に実行されている。この合意以降、日米間が協調介入を行っている。この様に調整を行うために作られた合意であり、この合意のおかげで、為替レートの水準がきちんとした物に保たれている。為替レートの変動が激しい今では特に欠かせない合意になっている。ルーブル合意は現在でも為替レートの世界で活躍をしている。 […続き]

今日のピックアップ記事

10るーぷはしループ端

ループ端とは流れ図で用いられる記号の1つの事である。2つの部分から構成され、ループ(繰り返し処理)の開始位置と終了位置を表している。また、ループ端には、終了条件とループ名を設けるようになっている。この様にループ端を用いる事で、開始位置と終了位置が明確に分かるようになっている。そのため、設定に関しては細かいルールが決めてあり、正確な開始位置と終了位置を出している。流れ図を作成する側としてループ端は欠かせない技術となっている。そして、現代でも流れ図の作成において欠かせない技術として活躍している。 […続き]

1 / 41234

人気キーワードランキング 2019/03/25

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。