「B」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1びーげんごうB言語

B言語1970年頃ケン・トンプソンによって開発されたプログラミング言語の一種である。現在世界中で主に用いられているC言語の前身となった言語であり現代ではほとんど使われていない。初期は元のコードを直接コンピュータが解釈することは出来ず、コンパイラによって中間言語に変換する必要がある。しかし後に機械語を出力出来るように改良された。実行の際には中間言語に処理されたソースコードをインタプリタによって逐次解釈しながら動作していた為、処理の速度は極めて低速である。1973年にC言語に移行したが1990年頃までは一部のシステムで利用が続けられていた。 […続き]

今日のピックアップ記事

2びーがたあいまっくB型iMac

B型iMacとは、初代ボンダイブルーiMacのマイナーアップデート版のことを指す。iMac Rev.BまたはRev.2ともいう。製品番号はM6709J/Bである。初代iMacより高速なグラフィックアクセラレーターを搭載し、内蔵VRAMも6MBに増設されており、性能としては初代のものよりも良い。オペレーションシステムにはApple社のMac... […続き]

今日のピックアップ記事

3ばいとばーBYTEVER

BYTEVERは2000年初期の頃からインターネット上にまんえんしているコンピューターウィルスの一種である。通常であればウィルス対策ソフトでアクセス禁止になるwebページを開いてしまった場合などにOSのセキュリティホールへ侵入し、ウィルス対策を自動的に解除してしまうのだ。このウィルスにより、スパイウェアやアドウェアがシステムへ勝手にダウンロードを開始する。影響としては、パソコン全体の動作を鈍くするだけでなく海外の違法サイトへ情報が自動的に送信されてしまう危険性も出てくるのだ。最悪自体を考えていくならば、常駐監視ソフトをインストールして怪しいサイトにはアクセスしないことが安全策である。 […続き]

今日のピックアップ記事

4びーちゃねるBチャネル

Bチャネルとは、デジタル通信回線のISDN規格で、通信回線の接続を構成する論理回線の一つである。チャネル1本の転送速度は64kbpsである。これの通信制御を行う信号及び付加機能を提供する論理回線がDチャネルである。通信用のデータ伝送路として使用するには、DSU(回線終端装置)か、DSU内蔵のターミナルアダプタ(信号変換装置)が必要で、それぞれに端末装置を接続する。ISDN規格は、電気通信事業者が提供するサービスで、チャネル数が2本のINSネット64と、チャネル数が23本のINS1500の2種類がある。 […続き]

今日のピックアップ記事

5びーふれっつBフレッツ

Bフレッツとは、NTT東日本および西日本が提供するサービスであり、光ファイバーという、プラスチック・ガラスの細い繊維でできた、光が通る通信ケーブルを使ったデータ通信の手法である。家庭向けの商品だ。料金は定額制であり、通信速度が他社に比べて速いのが特徴である。一つ問題点があるとすれば、Bフレッツ自体にはないのだが、通信速度が速いにも関わらず、ネットが遅く感じてしまうという報告がある。理由としては、ルータにあり、ルータの処理能力がBフレッツの速度よりも劣っていることがあり、それにより通信速度の不具合と勘違いされることがある。 […続き]

今日のピックアップ記事

6ばーすとえすらむBurst SRAM

高速な転送を行える同期型SRAM。SRAMは、キャッシュメモリーなどに用いられる半導体を使用した記憶素子である。Burst SRAM(バーストエスラム)は、データ転送時のアドレス指定を最初の一度だけ行い、以降はアドレス指定を省略して、データを連続して送信するバーストモードと呼ばれる転送方法を用いる。FSBと同期して、64bitデータを連続して4回転送することが可能。PBSRAMと比較すると、メモリーセルと1クロックごとに転送できる速度を備えているためレイテンシは小さくなるが、製造コストが高くなる傾向がある。 […続き]

今日のピックアップ記事

7びーだぶりゅえーBWA

BWAとは2001年12月に承認された、無線LAN規格の一種。周波数帯に10~66GHzを使用し、一台のアンテナで半径約50cmをカバーでき最大で70Mbpsという当時では超高速無線LANである。ただし見通しの悪い場所ではこの恩恵は得られにくく、見通しの良い場所で使用が望ましい。この規格は屋内使用を想定とした無線LANとは異なり、この規格を使用することによりインターネットサービスを安価に提供出来るメリットもある。現在ではモバイルインターネットの代表格であるW社がこの規格を流用し、現在のモバイルインターネットを構築重要な存在となっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

8ばーんぷるーふ BURN-Proof

BURN-Proofは、CDメディアにデータ記録を行う際のエラーを予防するための技術である。CD-Rなどのディスクにデータを書きこむ場合には、バッファと呼ばれる領域に、書きこみデータを一時的に記録する。しかし、このバッファに蓄積されたデータが不足した場合に、バッファオーバーランと呼ばれるデータの途切れが生じる。その結果、CDメディアへの書き込みエラーを起こしてしまう。この書き込みエラー予防のために、バッファ内のデータが少なくなった場合に、書きこみ途中の位置を記録した上で一時的に書き込みを停止するという対策を行う。 […続き]

今日のピックアップ記事

9ばぐべあーBugbear

正式名称がBugbearウイルスという、一種のコンピュータウイルスの別名である。一見無害のプログラムのように見えるが、それを利用してコンピュータ利用者に取り込ませ侵入する。その後は能動的に増殖していき、データやファイルを破壊していくことが特徴である。その他にも、感染率が高いことも特徴として挙げられており、メールを開いたり、プレビューを表示するだけで感染してしまうほどである。このウイルスに感染すると、利用者に届いた受信メールや利用者が作成した送信メールからアドレスを入手され、大量にメールを送信されてしまったり、コンピュータウイルスを検出するためのソフトウェアの機能を停止させられたりする。 […続き]

今日のピックアップ記事

10びるととぅーおーだーBuilt-To-Order

Built-To-Orderとは、受注生産方式を指す。Built-To-Orderにより、顧客が自分の目的に合ったパソコンが欲しい場合、その目的に合ったパーツを顧客が指定し発注することで、受注を受けた生産・販売側がそのパーツを組み込んだパソコンを生産することが可能となる。この方式のメリットは、知識や技術が不十分なユーザーが自身でカスタマイズを行うことに起因する動作不良リスクを回避することにある。生産・販売側が組み込み、動作確認が行われた上で納品されるため、この方式を利用することでパソコン知識がない場合でも、オリジナルのパソコンを手にすることができようになる。 […続き]

1 / 1912345...10...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/25

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。