「E」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1いーぶんしょほうe-文書法

e-文書法とは、2004年11月に制定された法律で、電子文書法とも呼ばれる。企業の税法や商法で、税務・財務関係の帳票類や取締役会議の記録など、作成や保管が義務付けられている文書を、紙の文書だけでなく、デジタル文書としてでも保管することが認められた法律の通称である。初めから電子データとして作られた文書はもちろんのこと、紙の文書をスキャンして電子文書とすることも一定の要件を満たせば正規の文書として成り立つ。ただし、決算にかかわる重要なものなど認められないものもある。この法律により、大幅なコスト削減ができるようになった。 […続き]

今日のピックアップ記事

2いーらーにんぐeラーニング

eラーニングとは、パソコンやネットを通じて教育をすることを言う。一般的な授業や、現在通常の学校で行われているのは生徒が教室まで登校して習うものである。しかし、これならば手軽に学習を始められるし、たとえ授業の場所と自宅が遠くても教育が可能である。さらに、教材の提供もPCで手軽にできることがメリットとして挙げられる。教師に人件費がかけやすいことも特徴だ。学校以外の予備校などでは導入されている場所が多く、大学生や社会人など他にやることがある人間にとっても、隙間の時間を活用して学べるので支持されている教育法である。 […続き]

今日のピックアップ記事

3いーめーるあどれすeメールアドレス

eメールアドレスは、Electronic mail addressの略で、電子メールにおける発信先や発信元の住所のことである。一般的に「ユーザー名@ドメイン名」という文字列になっている。ユーザー名の部分は、自分で決めた名前やプロバイダによって提供されたID等が入るローカルパートと呼ばれ、@(アットマーク)を挟んで右側の部分は、企業名や学校名、契約しているプロバイダ名などのメールサーバー名を表すドメインパートとなっている。同じアドレスが重複することはない。パソコン以外にも携帯電話やスマートフォン等で利用することができる。 […続き]

今日のピックアップ記事

4いーめーるまーけてぃんぐEメールマーケティング

Eメールマーケティングとは、Eメールを使った、購買管理システム等と連動し、多く利用されている。近頃は、迷惑メール等が多く、機械がその認識や、仕分け作業に時間を掛けてしまうので、拒否をしたり、任意で、削除したり出来る。電話よりも、Eメールを使用した取引きも多く、この事業は多くの企業に注目されている。商品の発注から、受注までの流れも非常にスムーズにする事が魅力だ。人間がしていた操作をシステムがする事で、作業の効率化や、人件費の削減をする事が出来る。その他メディアと協力したマーケティングで、多くのシェアを獲得する。 […続き]

今日のピックアップ記事

5いーまーけっとぷれいすeマーケットプレイス

eマーケットプレイスとは、企業間の電子商取引を行うためのシステムである。一つのサイト(システム)を市場(マーケットプレイス)とし、そこに売り手と買い手がアクセスして取引を行う。これにより、直接・個別の取引を行う場合よりも、共通の商取引システム(ルール)に基づいて取引がなされるため、煩雑さが軽減され円滑な商取引が期待できる。また、電子商取引の特徴である、中間コストの軽減・取引速度の迅速化の要求にも対応したシステムである。よって、企業間の電子商取引は、本方法によるものが多数を占めるようになるであろうことが予測される。 […続き]

今日のピックアップ記事

6いーまいにんぐe-マイニング

e-マイニングは、インターネットからクライアントより指定を受けたキーワードについて抽出し、その情報をクライアントに対して届けるサービスである。このサービスは、多様な目的によって利用されている。インターネット上でやり取りされている、企業にとってマイナス要素のキーワードについて、その動向をぃわそぃ探ったり、あるいは機密情報がインターネット上に流出していないかをチェックする。また、市場の状況やビジネスに役立つ情報の収集なども行われる。インターネットの情報に潜むリスクや利益を得ていくために有効な手段である。 […続き]

今日のピックアップ記事

7いーめーるeメール

eメールとはエレクトロニックメールの略で、インターネット上の電子メールのシステムのことである。携帯電話でのメールとは違い、インターネットを使って相手との文字交換をして意思疎通をする。文字だけではなく、写真や音声、絵文字も送受信することができ大変便利な機能である。送信されたメールはインターネット上のサーバーを、受信者の契約しているサーバーに運ばれ、受信者はプロコトルを使ってメールをダウンロードするという機能である。このメールは会社と会社の間での情報交換に頻繁に使われるため、無くてはならないものである。 […続き]

今日のピックアップ記事

8いーびりんぐeビリング

eビリングは、NTTドコモの携帯利用料金を口座振替やクレジットカードで支払っているユーザーを対象に、郵送ではなくインターネット上にて、毎月の料金明細などの請求内容を確認することができるシステムのことである。当月分を含み、過去3ヶ月分までサイトで閲覧することが可能である。メリットとしては、無駄な郵便物を省けることと、請求金額から1回線あたり毎月21円が割引されることである。月額使用料は無料で、ドコモショップやインターネット上で申込む必要がある。請求内容の確認は、パソコンやスマートフォンからおこなうことができる。 […続き]

今日のピックアップ記事

9いーぷろきゅあめんと eプロキュアメント

eプロキュアメントとは、インターネットを利用して資材や部品などを調達することである。商品の発注や見積もり、請求などをインターネットを利用して行なう。離れた場所や時間に関係なく取引することができ、コスト削減を図ることができる。主に、企業間取引(B... […続き]

今日のピックアップ記事

10いーびじねすe-ビジネス

e-ビジネスとは1997年I社当時、I社の会長が提唱し広まった用語である。同上の頭文字であるeはe-maile(電子メール)、e-money(電子マネー)など同様にエレクトロニックを指す。同社は従来から提唱していたネットワーク・コンピューティングを更に発展させ、ITを基幹産業を含めた企業の業務処理全般に適用したものだ。これによりビジネスの効率や合理性を向上させ、企業利益の最大化等は言うに及ばず最終的には経済財界・政府・教育などを含む社会全体の変革が行なわれと言われている。そして、2010年I社は現在主流になりつつあるクラウドコンピューティングを同上のポストとして位置づけるべきと述べている。 […続き]

1 / 2512345...1020...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/24

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。