「F」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1ふぁすとえーてぃーえーつーFast ATA-2

Fast ATA-2はIDEインターフェースの実装方式の一つで、従来品のFast ATAと比較すると大幅に機能が向上している。転送プロトコルのCPUがI/Oポートを直接アクセスしてのIDEインターフェースとの直接的なやり取りであるPIOモード4と、マルチワードDMAモード2に対応している点が最大の特徴である。最大転送レートも、従来品よりかなり向上している。ちなみにその速度は、PIO、DMA共に16.7Mbytes/sである。Fast... […続き]

今日のピックアップ記事

2ふぁすといーさねっとFast Ethernet

Fast EthernetIEEE 802.3で標準化されているより高速なEthernet規格である。通信速度はEthernetである10Mbpsから10倍の100Mbpsまで高速化されている。ケーブルはより対線を利用した100BASE-TXと光ファイバーを利用した100BASE-FXがある。100BASE-TXに対応している機器は10BASE-Tと互換性があるものが多く、1つのネットワークの中に100BASE-TXと10BASE-Tを混在させることができる。後継規格として通信速度がさらに高速なGigabit... […続き]

今日のピックアップ記事

3えふえーあいえすFAIS

FAISとは国際科学振興財団のことである。産、官、学の連携と共同研究の促進や国際間の推進を目的にして1977年の9月に経団連が筑波研究学園都市に設立した文部省認可の公益法人だ。国際的研究を必要とするテーマについてプロジェクトチームを作り、研究開発事業を行っているのである。また、国際的な学術交流などを実施することを目的として関連国際学術会議、シンボジウムを主催もしくは後援や支援をしている。産業の発展と国民生活の向上を良くするための研究開発や国際交流などの促進を図り、学術文化や科学技術の振興に貢献することを目的として設立したのだ。 […続き]

今日のピックアップ記事

4えふえーきゅーFAQ

FAQは、英語「Frequently Asked Questions(頻繁に尋ねられる質問)」の略である。日本語で、エフエーキューと読む。インターネットサイトを利用している際に、多くの人が疑問に思う事柄をあらかじめ質問とその答えという形式で、Q&Aまたは問答集として回答をまとめてサイト上に表示しておくものである。インターネットショップでも「よくあるご質問」などとメニューに表示してあることが多い。その都度、分からないことをユーザーがメールやフォームでサイト運営者に問い合わせてくる手間と時間を省くことを目的としたものである。 […続き]

今日のピックアップ記事

5ふぁすとえーてぃーえーFast ATA

Fast ATAとは、最初の公式なIDEの規格であるATA-1の転送を高速化した拡張仕様の製品である。デファクトスタンダードなので公式なものではない。最大で4.2Mbytes/sで転送が可能である。これによって高速化されたのは通信速度だけであり、その他の機能はATA-1と同様のものを備えている。同じ時期に拡張仕様されたEnhanced... […続き]

今日のピックアップ記事

6ふぇあぷれいFairPlay

FairPlayとは、Apple社が定義した名称であり、特定のツールに内蔵された著作権を管理するためのシステムでもある。主にApple社のデバイス、オペレーティングシステムで使用されるツールに搭載されているシステムで、複製(コピー)の可能性を減らすためにあるといえる。デジタルでのデータは、複製しやすい時代である影響、そして劣化もしないため、こういったシステムを導入することが著作権を守る役割になる。音楽ファイルにおいて価値を発揮しやすいが、動画においても利点を発揮することがある。これはツールの特性が動画も保存できるためである。 […続き]

今日のピックアップ記事

7ふぁーれんはいとFahrenheit

Fahrenheitとは、OpenGLとDirectX(Direct3D)の統合を図るために、1997年にSGI(シリコングラフィックスとマイクロソフトが共同開発を開始したAPIのコードネーム。OpenGLもDirect3Dも3Dグラフィックを専門とするAPIである。これにより、SGIを軸に開発されたOpenGLでも、マイクロソフトが開発したDirect3Dでも同じように開発でき、3Dグラフィックを扱うソフトウェアなどの開発の効率化に寄与すると期待された。しかし、1999年には目標を達することなく計画は頓挫している。今現在、出自、用途、OSなどの違いにより統合されることは無いと考えられる。 […続き]

今日のピックアップ記事

8えふごあたっくF5アタック

F5アタックとは、大勢の人で、F5キーを、一斉に連打する事で大量のデータをサーバーに送りつける事でシステムダウンを引き起こさせる手段である。ウインドウズのアプリケーションでは、F5キーは表示を最新の状態に保つためにサーバーにリクエストする事になる様に割り当てられている事が多い。その為、人海戦術の極みではあるが、動作がF5を連打するだけと単純であるため、誰でも参加できるのである。最近ではサーバーの能力が人海戦術の限りを超えている為に、システムダウンは起こさないと言われているのである。日本ではF5攻撃。 […続き]

今日のピックアップ記事

9えふごこうげきF5攻撃

F5攻撃とは、Webサイトの更新操作であるF5キーを連続して押下する、いわゆるDoS攻撃の一種である。これを行うことでサーバーにデータの再送信の負荷をかけるわけだが、一人で行ってもそれほどの効果はない。しかし、複数人で一斉に時間を決めて行うことでサーバーに集中的に負荷がかかっていく。そして、ついにはサーバーが停止してしまう。DoS攻撃としては最も原始的なものであるが、それだけに昔からこうした攻撃を行う者は存在しており、低能力のサーバーが被害を受けて停止することがままある。ただ、現在のサーバーではほとんどこうした攻撃で停止することはなく、ネット用語としてたまに使われるに留まっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

10えふぜろばぐF0バグ

F0バグとは、インテル社のプロセッサであるPentium,MMXPentium,Pentiumオーバードライブプロセッサの初期モデルに存在する設計上の不具合のことである。F00Fバグとも呼ばれる。名称は不具合を生じさせる機械語の16進数表記であるF0,0F,C7,C8の最初の1バイトもしくは2バイトに由来している。この命令を実行すると不正命令例外ハンドラに移行することができずシステムはハングアップし再起動するしか復旧することができない。不具合が発見されてからオペレーティングシステム側での対応がとられ、プロセッサ側でもB2ステッピング以降は修正された。 […続き]

1 / 2112345...1020...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/25

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。