「I」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1あいもーどふるぶらうざ iモードフルブラウザ

iモードフルブラウザとは、NTTdocomoが提供するサービスの1種で、携帯電話でパソコン用のウェブサイトを閲覧することができるもの。単にフルブラウザと呼ぶこともある。iモードフルブラウザ対応の携帯端末が発売される以前はiモード専用のウェブサイトしか閲覧することができなかった。iモードフルブラウザではウェブサイトの画面表示方法が2種類ある。1つ目はパソコン上のレイアウトをそのままに携帯のカーソル操作によって画面をスクロールさせる方法と、もう一つは普段のiモードを閲覧するときと同じく上から下へ順に表示していけるよう、縮小や折り返しなどによって携帯電話の画面幅に合わせて表示する方法がある。iモードフルブラウザを使用した場合、通信料はパケット通信料に加算され、通常のiモードへの通信より割高となっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

2あいもーどiモード

iモードとは、NTTdocomoが提供する携帯電話でインターネットを使用することができるサービスのこと。日本独自の携帯電話の通信方式である。iモードによりホームページの閲覧やメールの送受信、画像や音楽をダウンロードすることなどネットを介する必要のある様々なことができる。iモードが使用できるエリアはFOMAの携帯電話が使用できる範囲と同じで、地下街や山奥などiモード範囲外ではメールの送受信やインターネットの閲覧ができないこともある。iモードにおけるデータ通信料の単位はパケットであり、1パケットあたりにかかる料金は各料金プランごとに異なる。海外でもiモードは使用可能で、日本語でニュースなど情報を調べることができる。 […続き]

今日のピックアップ記事

3あいもーどふぇりかiモードFeliCa

iモードFeliCaとは、IC乗車券や電子マネーで使用されている非接触型ICカード技術「FeliCa」を搭載した携帯電話を使用することで様々なサービスを利用することができること。2004年から開始された。iモードFeliCa対応の携帯端末では、iアプリとサーバを連携させることにより、モバイルFeliCa... […続き]

今日のピックアップ記事

4あいもーどあいでぃーiモードID

iモードIDとは、NTTdocomoが携帯端末向けに提供するiモードを利用したサービスにおいて、サービスを提供する側から各端末を識別することができるIDのこと。2008年に導入され、契約する携帯端末ごとにiモードIDが与えられている。iモードID自体は電話番号や個人情報に関係のない英数字の組み合わせでできている。iモード上でウェブサイトを閲覧した際にiモードIDがウェブサイト側へと通知され、2回目の閲覧からは各人のページが自動表示されるようになるといったサービスを受けることができる。iモードIDは初期設定では自動で通知するようになされているが、パソコンやiモード上で設定の変更が可能である。 […続き]

今日のピックアップ記事

5あいめにゅーiメニュー

iメニューとは、NTTdocomoがフィーチャーフォン向けに提供するiモードで最初に表示されるページのこと。iMenuと英語表記されることもある。ポータルサイトのように検索エンジン、ニュースや天気など様々な情報が掲載されている。また加えてdocomo携帯の各種設定や料金の確認などお客様サービスへのアクセスが容易である。各人が自分の好みに合わせて6種類のメニューから選ぶことができるようになっている。通常iMenuの他、キッズiメニュー、らくらくiメニュー、シンプルiメニュー、アイコンiメニュー、おためしメニューである。iメニューに関してはドコモが設定するパケット通信料が無料となっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

6もーしょん iモーション

iモーションとは、NTTdocomoがFOMA以降の携帯へ提供する動画や音声を提供サービスのこと。曲のPVやアニメ、映画、スポーツ、キャラクター映像などを携帯上で再生することができる。10M対応の機種と50M対応の機種と大きくは2種類だが、機種によっては一部の機能が利用できないものもある。iモーションはMP4対応のものとASF対応の2つがあり、前者は映像、音声、テキストを多重化したもので、FOMA2051シリーズ以降の機種に対応している。後者は映像と音声を多重化した形式で、3つの機種に対応している。iモーションでは比較的データの容量が大きいものを扱うため、パケット通信料が高額になるiモーションデータもある。 […続き]

今日のピックアップ記事

7あいびーむぽいんたーIビームポインター

Iビームポインターとは、マウスポインタの形の一種のこと。ポインタをテキストの上に移動させた際、英語の「I」の字によく似た形のポインターに変化することからIビームポインターと呼ばれる。マウスポインタがIビームポインターの場合はテキストを選択、操作できる。またWordやメモ帳のようにテキストが入力可能なソフトの場合はIビームポインターをクリックして出現するカーソルの位置に文字を挿入することができる。Iビームポインタの大きさはテキストの文字サイズを表している。Iビームポインタと呼ぶこともある。 […続き]

今日のピックアップ記事

8あいちゃねるiチャネル

iチャネルとは、NTTdocomoが携帯端末向けに提供するサービスの一つで、天気やニュース、占いや音楽情報など時間ごとに変化する情報を常に画面に最新の状態で表示させるサービスのこと。またiチャネル対応のボタンを押すことで情報の更新ができ、最も新しい情報を得ることができる。月額使用料は157.5円である。詳しい情報が知りたい場合は簡単な操作で調べることができるが、その際の通信料は含まれていない。スマホの場合はspモードとiチャネル両方への申し込みが必要になり、最新情報はウィジット画面に表示される。 […続き]

今日のピックアップ記事

9あいしょっとIショット

NTTdocomoの携帯電話で撮影した写真データをiモードメールに添付して送受信できる機能の名称。他者の携帯電話やパソコンへも送信することができる。撮影した写真にフレーム合成やトリミングなど加工を施しての送信も可能である。大容量メール対応機種は2MB、他は100KBから500KBの画像まで送受信することができる。ただし文字に比べデータの容量が大きいため、パケット通信料が多くかかる。 […続き]

今日のピックアップ記事

10あいしりーずかんこくIシリーズ勧告

Iシリーズ勧告とは、電気通信システムやネットワーク、サービスなどに関する国際規格であるITU-T勧告の160の規格のうち、のサービス統合ディジタル網に関する規格のこと。ITU-T勧告のIシリーズは国際電気通信連合(ITU)の電気通信標準化部門(ITU-T)が定めている。ただしITU-T勧告の内、同じIから始まる企画の中にはIシリーズに分類されない例外が15規格程度ある。Iシリーズの和訳本は日本ITU協会から出版されている。国際電気通信連合とは1932年に発足した国際連合に関連する機関の一つで、主に電気通信の効率性を高め利用性を高めることを目的としている。その中で関連するシステムや機器の標準化を行うのが電気通信標準化部門である。 […続き]

1 / 4112345...102030...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/25

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。