「K」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1くうぃっくKWIC

KWICとは、KeywordInContextの略称で、指定したキーワードに関連する単語、文字列を取り出せる索引方式のこと。文書データの索引作成に利用される。関連する単語のみならずその前後の文脈も参照されるため効率がよく、このKWICで作成した索引を文脈付き索引ということもある。 […続き]

今日のピックアップ記事

2かいりっくすKylix

Windows用の総合開発環境であるDelphiをLinux用に対応させたものの名称。Linuxにおいては初のGUI(GraphicalUserInterface)の開発環境である。ポーランドで販売されており、読みは「カイリックス」。Kylixの開発言語としてはDelphiと同様にObjectPascalを使用していて、Delphi相当の機能を搭載している。 […続き]

今日のピックアップ記事

3けーまうんとKマウント

Kマウントとは、一眼レフカメラのマウント規格のひとつ。ペンタックス(Pentax)によって採用された。それまではスクリューマウント方式(M42)だったのに対し、つまみに突起を引っ掛けて素早くレンズ交換ができる、いわゆるバヨネット方式に換わった。Kマウントが更に電子化に対応して進化したものも、広い意味でKマウントと呼ばれることもある。 […続き]

今日のピックアップ記事

4けーぶいえむすいっちKVM スイッチ

KVM スイッチは、複数のコンピューターに対して、一組のキーボードやディスプレイといった入出力装置を、任意に切り替えることができる装置である。特に多数のサーバーなどを管理する場合においては、この装置を用いることが不可欠である。この装置を用いることによって、各サーバーに入出力装置を設ける必要がなくなる。この機器は、数台のコンピューターを対象にしたものの他にも、大規模システムに対応する事が出来るものもある。また、種類が異なるコンピューターとの接続を可能にしているマルチプラットフォームの対応機器なども存在する。 […続き]

今日のピックアップ記事

5けーぶいえむすいっちKVMスイッチ

KVirtualMachineの略称で、機器組み込み用のJava仮想マシンのこと。容量は約40KBほどしかなく、少ない容量とメモリでJavaを動作させることができるような設計が特徴。その代わり、他のJava仮想マシンに比べると機能面では劣る部分がある。PDA(携帯情報端末)や携帯電話などで利用されており、PalmOSやNTTドコモの製品などに搭載されている。またKVMは、Kernel-basedVirtualMachineの略称として使用されることもあり、これはLinuxカーネルに搭載されている仮想化機能(ハイパーバイザ)である。1台のコンピュータ上でLinuxを含む複数のOSを同時に動作させ、その制御を行う。KVMは、Intel社のIntelVTやAMD社のAMD-Vなど、マイクロプロセッサによる仮想化支援機能を備えたCPUを利用して動作する。 […続き]

今日のピックアップ記事

6けーぶいえむKVM

KVMは、組み込み機器向けに開発されたJavaの仮想マシンである。携帯電話や携帯情報端末、セットトップボックスやPOS端末などといった各種の組み込み機器での使用を目的として開発された。そのため、小さなデータ容量とメモリによって、このJava仮想マシンを動作させることを前提としている。ただし、通常のJava仮想マシンに比べると、Javaアプレットやリアルタイム機能が備わっていないという面で、機能が制限されている。このJava仮想マシンの名前のKは、キロバイトサイズのメモリだけで動作することを示している。 […続き]

今日のピックアップ記事

7けーぶいえむえくすてんだ KVM エクステンダ

KVM エクステンダは、パソコンなどに接続されている入出力の装置の距離を離すために用いる機器である。KVMは、キーボード、ビデオディスプレイ、マウスの頭文字から取っている。これらの入出力の装置は、通常ではコンピューターのすぐ側に配置し、直接的に接続されている。しかし、パソコンなどの設置環境によっては、これらの入出力装置をパソコンの側に配置することができない。そのため、パソコン側につながっている親機と、入出力装置につながっている子機を互いにLAN接続することによって、互いの距離を離すことを可能にしている。 […続き]

今日のピックアップ記事

8けーてぃななてんごKT7.5

漢字Talk7.5の略称。漢字Talkとは、日本語版のMacintoshOSの以前の名称。Macintoshの初期のOSは「System」という英語版のみだったため、日本語対応用に漢字Talkが開発され普及したが、このKT7.5以降は現在の「MacOS」という名称に統一され、Systemや漢字Talkとは呼ばれなくなった。 […続き]

今日のピックアップ記事

9けーてぃななKT7

漢字Talk7の略称。漢字Talkとは、日本語版のMacintoshOSの以前の名称で、KT7には漢字Talk7.1や漢字Talk7.1.2などが含まれる。Macintoshの初期のOSは「System」という英語版のみだったため、日本語用に漢字Talkが開発され普及したが、漢字Talk7.5以降は現在の「MacOS」という名称に統一され、Systemや漢字Talkとは呼ばれなくなった。 […続き]

今日のピックアップ記事

10けーぴーてぃーKPT

KPT(ケプト)とはKeep,Problem,Tryの頭文字を合わせたもので、それまでの活動や行動を振り返るときに使う方法のひとつ。Keepは今後も継続すべきこと、Problemは問題として改善すべきこと、Tryはさらに挑戦すべきこととして、それぞれ3つの視点で整理、調整を行い、よりよい結果のために次につなげていく。チームのミーティングや反省会などでよく使用され、効果的な手法であると言える。 […続き]

1 / 612345...最後 »

人気キーワードランキング 2019/01/16

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。