「M」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1えむこまーすMコマース

Mコマースとは、電子商取引の形態に含まれるものであり、その中でも特に、携帯電話の取引のことを指す言葉である。日本では、NTTドコモのiモードサービスの開始から始まった取引である。当初は、着メロや画像などのコンテンツを配信する公式サイトによるユーザー課金型サービスがメインとされていた。その後では、携帯電会社各社でモバイルインターネットサービスが開始された。それに伴い、モバイルコマース市場は急激に成長することになる。そして、現在ではパソコン向けサイトを主流していたEコマース大手事業者もこちらに参入を始めている。 […続き]

今日のピックアップ記事

2えむふれっつMフレッツ

Mフレッツは2000年初期から提供されているサービスである。このサービスを契約しているユーザーには無料のクライアントソフトをパソコンにダウンロードすることでインターネットセキュリティである電子証明書を外部デバイスにUSBポートを使用することでネット環境が利用できる。このサービスを受ける場合には、あらかじめプロバイダと契約しておくことが必要だ。無線LANのアクセスポイントはユーザー自身で用意することで出先などでも使用可能である。又、認証機能であるアクセス権限を設定しておくことで限られたユーザーのみを利用可能にすることができる。 […続き]

今日のピックアップ記事

3まいえすきゅーえるMySQL

MySQLはリレーショナルデータベースの中でも軽快に動作し無償で利用でき、オープンソースとしても提供されている。特徴的な点としてはデータの検索におけるアルゴリズムにある。速度を重要視しているデータベースとなっており検索スピードは非常に高速になるように設計されている。RDBMSとしても提供されておりデータの取得構文も充実した内容になっている。標準SQLが利用できる技術者であれば手軽に設定し利用できるというメリットも持っている。ソフトウェアからの接続も容易に出来るようになっておりODBCなどを介してデータの操作が出来る。 […続き]

今日のピックアップ記事

4えむぞーんMzone

Mzoneは、公衆無線のLANサービスである。この無線LANサービスでは、最大で54Mbpsによる高速なインターネット接続を行う事ができる。また、このサービスは定額制で提供される。NTTドコモによって提供されているサービスであり、街中のカフェやファーストフード、駅などにアクセスポイントが多数設置されている。広い地域に渡って便利な公衆無線LANサービスを利用することができる。この名前は、MobileMultimedia+Zoneを名前の由来としていて、スムーズに利用できる公衆無線サービスであることを表現している。 […続き]

今日のピックアップ記事

5まいすぺーすMySpace

MySpaceとは、米国の会社が運営しているSNS(ソーシャルネットワークシステム)の名称である。一般的な招待での登録では無く、アカウントの登録で誰でも使用可能である。プロフィールを公開してコミュニティーに参加したり、ブログやメール、ビデをの公開や視聴が可能である。音楽を通じたコミュニティーに当初より力を入れており、アーティストとして登録する事により自作の曲を公開することが可能である。世界中に展開しており、最も人気のあるWEBサイトとして成長している。日本ではソフトバンクが、マイスペースジャパンとして公開している。 […続き]

今日のピックアップ記事

6えむえっくすれこーどMXレコード

MXレコードとは、電子メールを送信しておくメールサーバーを決定する際に使われる、DNSで利用される情報のことである。このレコードにはドメインに対するサーバーの優先度が指定されているのだ。優先度が設定されているので、複数のサーバーを指定することが可能である。複数サーバーを指定することで、1つのサーバーがダウンしていてもメールを送信することが可能になっているのだ。優先度は数字ですることが可能で、数字が小さいほど優先度が高いということになり、優先度の設定方法はかなりわかりやすく設計されていて便利である。 […続き]

今日のピックアップ記事

7まいどぅーむMyDoom

電子メールによって感染するコンピューターウイルスのことである。ウイルスがメールによって送信され、付属ファイルの実行によって感染する。感染した場合には「www.sco.com」に対してDDoS攻撃を行う。本ウイルスが出現した数日後には、亜種である「MyDoom.B」が作成されている。従来の攻撃対象の他に「microsoft.com」も攻撃対象として追加。本ウイルスを亜種へとアップデートする機能も追加され、バックドアに接続して書き換えを行う。また、hostsを書き換える機能もあり、アンチウイルスサイトやMicrosoftなどへのアクセスを遮断する。 […続き]

今日のピックアップ記事

8えむえっくすえむMXM

MXMは、ノートパソコンに装着するビデオチップを入れ替えることができるインターフェースの規格である。ノートパソコンは、デスクトップパソコンとは異なり消費電力や設置スペース、排熱の点で制限が多い。そのため、マザーボードにビデオチップが統合されている事が多く、ユーザーが自由に入れ替える事が出来なかった。このような不便を解消するために、ノートパソコン向けビデオチップの換装用インターフェースの規格が定められた。この規格では、PCIExpress規格を拡張したインターフェースとしてマザーボードに装着されることになる。 […続き]

今日のピックアップ記事

9えむえっくすえむえるMXML

MXMLは、XMLを基本とした独自の言語の一つである。この言語の目的として、Adobe社が開発したFlexアプリケーションのユーザーインターフェースを定義する際に用いられる。FlexはWebアプリケーションのフレームワークであり、同じソースを異なるプラットフォームで同様に実行することができる。このFlex用のインターフェース定義言語を用いることによって、テキスト入力用のフォームやツリー構造を持つ複雑なコンポーネントも作成することが可能である。さらに、独自のコンポーネットを用いて使用することも認められている。 […続き]

今日のピックアップ記事

10えむぶいえすMVS

MVSは、システムの運用管理サービスの一つである。このサービスは、システムの企画や構築運用を行うシステムインテグレータが、クライアント企業に対して提供するものである。システムインテグレータは、複数の企業によって構成された情報システムのサポートを一括して引き受ける。システムで使われている製品の各メーカーと協調を取りながら、システムのメンテナンスや管理運営を行う。MultiVendorSupportの略語であり、他にもマルチベンダーサポートサービスやマルチベンダワンストップ保守サービスといった呼び名もある。 […続き]

1 / 4712345...102030...最後 »

人気キーワードランキング 2019/01/16

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。