「O」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1おーばーちゅあOverture

Overtureは、キーワード広告システムのである。この広告システムは、オークションによって広告の掲載金額や順位が決まる仕組みを持っているものである。このシステムでは、管理をまかせるプレミアムコースや、全てを自身で行うセルフコースが設けられている。プレミアムコースでは、広告のキーワードの提案や電話サポートといったサービスを受けることが可能である。それらのサービスの利用料金は、広告料金に合わせて加算されることになる。オークション式による広告であることから、人気が高いキーワードであるほど入札価格も高くなる傾向をもつ。 […続き]

今日のピックアップ記事

2おーだぶりゅーえふOWF

一方向関数とも呼ばれ、計算することは簡単だが、計算結果から元の情報を求めることが極めて難しい関数のことである。暗号技術にも使用され、同じ結果になる2つの引数の組や特定の結果を抽出する引数が見つけにくいことが条件になる。これをハッシュ関数と呼び、通信回線データが通信中に改ざんされていないかを調べることができる。ただし暗号を解くカギを知っていると簡単に解くことができるので、一方向の関数ではなくなる。fをOWFにしてXを任意の数、fの逆関数をgとした数式があるとする。y=f(X)の計算は解くことができるが、X=g(y)を解くことは不可能になる。 […続き]

今日のピックアップ記事

3おーばーどらいぶれでぃそけっとOverDrive Readyソケット

OverDrive Readyソケットとは、PCのマザーボード上にマイクロプロセッサのアップグレード用として設けられていたオーバードライブプロセッサを装着するためのソケットのことである。PCの主力プロセッサがi486だった1990年代中頃のPCに備えられていた。オーバードライブプロセッサとはプロセッサのアップグレードパーツであるが、当初はプロセッサの交換は一般ユーザーには困難と思われた。そのため専用の本ソケットが設けられ追加する形態となっていた。Pentium以降では、従来のプロセッサと交換するようなっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

4おーばーどらいぶぷろせっさーOverDriveプロセッサー

OverDriveプロセッサーはインテルがかつて販売していたCPUのアップグレードパスとして販売していたプロセッサーである。かつてPCのアップグレードには全体の買い替えしか選択肢が無かった。インテルはこのプロセッサーの追加でPCの性能向上が可能であるとしていた。主に既存のCPUの補助プロセッサーという位置づけであったが一部の製品にはCPUの機能も兼ねるものもあった。主に1990年代前半のCPUに対しての製品でありPentium世代以降のCPUには搭載するソケットが存在せず事実上廃止されたプロセッサーである。 […続き]

今日のピックアップ記事

5あうとるっくえくすぷれすOutlook Express

Outlook ExpressとはMicrosoft社が提供していたメールソフトの名称である。Windows98/2000/XPに標準で搭載され、初心者をはじめ多くのユーザーに使用された。HTMLメールの作成・表示や、メールの自動振り分け機能などメールソフトに必要な機能を一通り備えている。このソフトが持つソフトウェアの設計ミスなどによって生じたシステム上の弱点を悪用し、ユーザーに気づかれないようにコンピューターに侵入し、破壊活動などを行う悪意あるプログラムが添付された電子メールの攻撃の標的になりやすいという問題も多く指摘された。2004年以降バージョンアップは行われていない。 […続き]

今日のピックアップ記事

6あうとるっくOutlook

Outlookは、マイクロソフト社のWindows版の製品スイート「Office」の一部として含まれている個人情報管理ソフトウェアである。また電子メールクライアントでもある。メール機能の他に、連絡先管理・予定表・仕事管理・スケジュール・アドレス帳・メモなどの管理や検索、SNSとの連動などを簡単におこなうことができる。さらにインターネットを使用して、家族や仕事仲間と情報を共有することができる。機能を追加することで、携帯電話やIP電話などを搭載するスマートフォンなどの携帯情報端末を使用して交換される情報も管理可能である。 […続き]

今日のピックアップ記事

7あうとばうんどぽーとにじゅうごぶろっきんぐOutbound Port25 Blocking

Outbound Port25 Blockingとは、プロバイダが迷惑メール対策で利用する手段のことである。迷惑メールの送信者は送信元を偽装するために、プロバイダが用意したメールサーバを利用しないで、直接、送信を行なう。その際に使用されるポート番号が25番だ。これはその25番ポートを塞いでしまうことで迷惑メールの送信をブロックする対策法である。ただ、これを実施すると正当な利用者もメールの送信が出来なくなってしまう。そこで代わりにサブミッションポート(587番ポート)が用意された。これは認証付きのポートなので送信元の偽装を防ぐことができる。現在ほとんどのプロバイダで採用されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

8あうとばうんどぽーとにじゅうごぶろっきんぐOutbound Port 25 Blocking

Outbound Port 25 Blockingは、ネットワーク内から外部のコンピューターにあるTCPポートの25番に対する通信を禁止することである。TCPの25番ポートは、メールの送信のためにSMTPが使用するポートである。このポートへの通信をブロックした場合、ネットワーク外部へのメールの送信を行う事はできない。プロバイダなどが、ユーザーによるスパムメール送信などの特別な理由により、この措置を取る。プロバイダは、ネットワーク内から発信されるスパムメールを妨げることができ、かつ通常のメールの送受信は行うことができる。 […続き]

今日のピックアップ記事

9おーてぃーぴーOTP

ネットワーク機能のある端末を使用し、サーバーコンピューターにアクセスする際に行う、認証技術の一つである。一般的には、使い捨てパスワードと呼ばれている。ユーザー名をパスワードを入力する通常の認証方式は、通信経路上において、アカウントを盗まれてしまう可能性がある。OTPでは、サーバー側から端末へとランダムな文字列(チャレンジ)を送信し、その後にユーザーしか知りえないパスワードを入力。そして、端末に搭載されている専用のソフトウェアが一定の手順で演算を行い、正規のユーザーであるかを検証する。チャレンジでは毎回異なる文字列を送信するので、たとえ盗まれたとしても、そのパスワードは二度と使用されない。 […続き]

今日のピックアップ記事

10おーゆーOU

Active Directoryにおいて、管理する利用者やコンピューターをグループ化したものである。会社での組織に対応可能であるが、必然的に組織ごとに分割するわけではない。機能としては、個別にアプリケーションの配布、デスクトップの操作制限がある。また、ドメインの管理者権限を、一部の管理者に委譲可能である。OU(Organizational... […続き]

1 / 1812345...10...最後 »

人気キーワードランキング 2019/01/16

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。