「R」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1あーるかんりずR管理図

R管理図はデータ上で異常が発生していないか確認したり管理する方法である。ソフトウェアやハードウェアで利用される管理方法となっている。ハードウェアでは数個のサンプルを抜き取ることでデータの信頼性を計測するものである。ソフトウェアにおいては数個のデータを入力あるいは出力してデータの正確さを確認するものである。それぞれのデータがシステム工程の実力範囲に収まっていることでシステム全体の正確性を維持する方法である。軽量値は重さや電圧、電流など様々なジャンルで利用される。管理図にデータを記録することで包括的な管理が可能になる。 […続き]

今日のピックアップ記事

2あーるうぃんRWIN

TCP/IPで通信を行う際、データを受信するコンピュータが、送信側に受信確認を送る間隔を示す値である。TCP/IPでは、一定のデータを受信するたびに受信確認を送る方式が採用されている。RWINの大小によって、送信側が受信確認を待たずに、送出できるデータの量も変化する。値を大きくすると、送出できるデータ量は増えるが、異常が発生した場合の再送信要求が遅くなるため、結果として受信完了までの時間が長くなる。逆に値が小さすぎると、コンピュータ間で受信確認が頻繁に行われるため、データの送信が遅延する。値を変更する際は、回線速度なども考慮し、適性な値を設定する必要がある。 […続き]

今日のピックアップ記事

3らんれんぐすふごうRun-Length符号

Run-Length符号とはデータ列を可逆圧縮する符号化の1つである。主に画像データの圧縮に使われており、連続している同一の値を色×回数という情報に置き換えることである。つまり「BBBDDSSZZZZ」というデータ列をBは3回、DとSは2回、Zは4回並んでいる事から「B3D2S2Z4」というデータに圧縮するのである。因みに「AAABBBBAA」となった場合は「A3B3A2」というデータ列となる。基本的には単純なデータほどより効果が現れ、可逆圧縮のためデータの完全再現も可能である。ファクシミリではこれを採用しているのが一般的である。 […続き]

今日のピックアップ記事

4るびーおんれいるずRuby on Rails

Ruby on Rails(RoR/Rails)は、プログラミング言語「Ruby」を使用してWEB開発を行うための、オープンソースフレームワークである。David Heinemeir Hansson氏によって開発された。動作の軽さと使い易さが特徴である。「設定より規約」、「同じことを繰り返さない」という理念に基づき、開発者への負担ができる限り小さくなるように設計されている。例えば、名前に制約を設けることで命名に悩む必要がなくなったり、変更を加えた際に修正箇所が少なくて済むことなどがある。CGIをサポートするほとんどのWEBサーバー上で動作する。 […続き]

今日のピックアップ記事

5らんれんぐすえんこーでぃんぐRun-Lengthエンコーディング

Run-Lengthエンコーディングとは、データ圧縮アルゴリズムの1つである。連続して同じ値が出現するデータを、1つの値と出現回数に置き換えることでデータを圧縮する。例えば、WWWWWBBWWWBBという文字列の場合、5W2B3W2Bとなり、12文字を8文字で表すことができる。同じ値が連続しやすい画像などの圧縮で効果的であるが、連続した値の少ないデータでは逆にサイズが増えてしまう。これを改善するため、2文字以上連続した場合にのみ適用したり、連続しないデータの長さを記録するPackBitsと呼ばれる方法などが考案された。単独ではあまり使用されず、他の圧縮技術と組み合わせて使う場合が多い。 […続き]

今日のピックアップ記事

6あーるてぃーえすぴーRTSP

IETFで標準化されている、リアルタイム性のあるストリーミングを制御するプロトコルのことである。動画や音楽など、マルチメディアデータを含むサーバーでの遠隔操作を想定しており、再生や停止、録音などの操作が可能となる。SIPとは違い、サーバーとクライアントが明確に区別され、一方向にデータが流れる。この時、サーバーからクライアントに送付する要求が定義されている。サーバーからクライアントへのデータ転送には、一般的にRTPが用いられるが、それには限定されていない。制御されるデータの流れには独自のセッションが用いられ、RTSP自体にはSIP同様にセッションの概念は持っていない。 […続き]

今日のピックアップ記事

7るびーRuby

Rubyは「ルビー」と読み、日本人であるまつもとゆきひろ氏が個人で開発したオブジェクト指向のスクリプト言語である。C++などの本格的なオブジェクト指向に比べて習得の敷居が低く、気軽にプログラミングができることが特徴。プログラミングしたWebアプリケーションがすぐに動作確認できるのでデバッグも簡単である。移植性が高く、UNIXやLinux、DOS、Windows、Macのいずれのプラットフォームにも対応できる。シンプルな文法によるプログラミング可能である一方で、テキストの操作に関しては強い処理能力を持つ。 […続き]

今日のピックアップ記事

8あーるてぃーえむRTM

主に、ソフトウェアの開発や製品化のプロセスで、開発の工程を終えて出荷前の量産ラインに入った状態のことである。また、量産前に渡されるバージョンとも言う。一般的に、発売予定の数ヶ月や数週間前にはRTMの段階へと入り、ソフトウェアの開発終盤には、関係者などにベータ版を渡してテストを行い、RC版で発見した問題点を取り除く。場合によっては、限られた関係者などにRC版を配布し、更に細かく検証を行うことがある。OSでは、一般ユーザーにネットワークを通じてソフトウェア提供を行い、指定の期間の間だけ試用してもらうケースが多い。 […続き]

今日のピックアップ記事

9あーるてぃーおーえすRTOS

OSR

時間資源を重視し、リアルタイム性のある処理を行うOSのことである。リアルタイムOSとして定義されるには、タスクの有制度によるスケジューリング、リアルタイム性のあるタスク制御、カーネル処時間を予測する機能を持つ必要がある。パーソナルコンピューターに使用されるwindowsなどのOSは、これらを満たしていないため、定義から外れる。RTOSの用途は、計測機器、工作機械、自動車、携帯端末、人工衛星など、様々な分野において利用されている。日本では、TRONプロジェクトの「μITRON」が最も普及しているOSである。 […続き]

今日のピックアップ記事

10あーるてぃーぴーRTP

映像や音声のストリーミング再生に用いる、伝送プロトコルのことである。パケットロスの対策や、伝送時間保証が行われていないUDPタイプのプロトコルでは、通常の場合、RTCPによる通信状態レポートと共に用いられる。RTCPを使用することによって、遅延時間や実行帯域幅のデータをサーバーに送信し、サーバーでは、受け取ったデータに合わせてRTPを送信する。この時に、データの品質などを調整するようになっている。1996年に提唱されているプロトコルでは、「Quicktime」「RealPlayer」が対応している。 […続き]

1 / 1812345...10...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/24

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。