「S」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1えすたんしS端子

S端子とは、輝度信号と色信号を別ラインとして伝送しながらも一つの端子にまとめた、映像信号伝送用の端子である。S-VHSビデオデッキが登場した高画質要求が高まった時期に装備され始めた端子である。その前に主に使用されていたコンポジット信号と比較すると、端子サイズは少々大きくなったものの、クロスカラーやドット妨害の無い高画質のビデオ信号伝送が可能となった。その後、DVDプレーヤーの出現後、フォノピン3端子を使用したコンポーネント端子が普及することとなる。コンポーネント端子は、輝度信号・赤色差信号・青色差信号にて構成される。 […続き]

今日のピックアップ記事

2えすしんごうS信号

S信号とは、テレビとビデオを接続するときなどに使用される信号形式のひとつである。従来、輝度信号と色信号が混合されたコンポジット信号が主流であったが、輝度信号と色信号を分離して、それぞれ別の線として搬送する信号である。コンポジット信号では、輝度信号に色信号搬送波である3.58MHzの高周波成分が混合しているため、ドット妨害やクロスカラーなどのノイズが発生していたが、本信号形式を採用することにより、これらの問題は解消された。本信号形式で採用されている色信号は、3.58MHzに直交変調したものである。後に変調していない色差成分のまま伝送するコンポーネント信号が出現することとなる。 […続き]

今日のピックアップ記事

3えすしんごうたんしS信号端子

S信号端子端子とは、S-VHSビデオデッキ登場の頃から装備されるようになった映像信号伝送用端子のことである。輝度信号と色信号を別ラインにして伝送するのが特徴である。従来使用されていたコンポジット信号と比較すると、ドット妨害やクロスカラーがなく、粒子状のノイズや色にじみが少なく高画質で伝送できる。色信号は色キャリア搬送波に直交変調されて伝送されていた。後のDVDプレーヤー登場の頃から、変調を行わず、別ケーブルで色信号を伝送するコンポーネント信号が開発され更に高画質化が行われるようになった。現在ではHDMIなどのデジタル伝送が主流となっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

4えすれじすたーSレジスター

Sレジスターとはモデムに搭載されている昨日設定に使われるレジスタ群を指す言葉である。このレジスタの値を変更する処理を実行することで、モデムの機能を変更、コントロールすることが可能になるのである。このレジスタを操作するときには、ATコマンドというものを利用する必要がある。ATS=(数字)という文字列をモデムに送信すると、モデム側がATコマンドを解釈し、Sレジスタに数字の値が代入されることになるのである。このように、モデムを操作する際には、モデムと接続できる機器とコマンド知識が必須であるので注意が必要である。 […続き]

今日のピックアップ記事

5えすびでおたんしS-ビデオ端子

S-ビデオ端子とは、テレビやビデオデッキに装備される映像信号を伝送するための端子のことである。Sはセパレートの略であり、輝度信号と色信号が分かれていたことから命名された。輝度信号1ピン、色信号1ピン、グランド信号2ピンの合計4ピンにて構成されている。フォノピン1ピンで構成されるコンポジットビデオ端子と比較すると、ドット妨害やクロスカラーの無い高画質のまま映像信号を伝送可能である。レーザーディスクプレーヤーやS-VHSビデオデッキなど高画質を売り文句とした製品が発売され始めたころから装備されることが多くなった。 […続き]

今日のピックアップ記事

6しすてむずまねじめんとさーばーSystems Management Server

Systems Management Serverとは、企業内のネットワークに接続されているPC端末の管理を一元的に取り扱うためのソフトウェアのことである。米Microsoft社が開発・販売していた。ネットワークに接続されているPCを調べて、インストールされているソフトウェアや、使われているハードウェアを把握することができる。また、その情報を利用して、ソフトウェアのバージョンやアップデートの管理、不適切なプログラムの発見や、ソフトウェアの利用頻度を知ることで次回のバージョンアップを見送るといったコスト削減にも利用できる。現在はSystem... […続き]

今日のピックアップ記事

7しすてむでぃれくとりーSystemディレクトリー

WindowsのカーネルやユーザーをはじめとしてデバイスドライバーなどのWindowsシステムの根幹的なファイルが格納しているのがSystemディレクトリーである。デフォルトの状態ではCドライブWINDOWS内のSYSTEMフォルダに格納されている。パソコンを利用していくとざまざまなアプリなどのDLLファイルもSYSTEMフォルダ内にコピーされる。気が付いた時には大量のファイルが保存されている場合が多い。ただし、これらのDLLファイルを削除したりすると、トラブルの原因にもなるので気を付ける必要性がある。 […続き]

今日のピックアップ記事

8しすてむぶいSystem V

OSS

System Vは、UNIX系OSの一つである。このOSは、AT&Tベル研究所によって開発された。後のUNIX系OSの流れを作るきっかけとなるOSの一つであり、そのもう一方にはカリフォルニア大学のバークレー校で作り出されたOSであるBSDが存在している。その後のUNIXの歴史では、このV系のUNIXは商用のUNIXとして広く利用されるようになった。各企業が、このOSを導入した製品を販売している。一方で、BSDは、商用のBSDIに加えて、フリー版のFreeBSDやNetBSDとして利用されることになる。 […続き]

今日のピックアップ記事

9しすてむいにSYSTEM.INI

SYSTEM.INIとはWindowsを搭載したパソコンを起動した際に、Windowsのシステムが参照する初期起動用のファイルである。読み方はシステムイニ。起動時にどのデバイスを認識または起動するか、どのプログラムを同時に起動するかなどが書かれており、基本的にはハードウェアの初期設定情報がこのファイルに記録される。オペレーションシステムであるWindowsはこのファイルがなければ起動することができない。したがって多くの凶悪とされるコンピューターウィルスがこのファイルの内容を書き換えることを目的にしている。 […続き]

今日のピックアップ記事

10しすてむすーぷSystem Soup

ITS

System Soupは、アメリカApple社が開発した「Personal Digital Assistant」(携帯情報端末)に関するテクノロジーの総称のことをいうNewtonの管理する情報や、アプリケーションの設定する情報を保存する「Soup」のことである。ちなみにApple社の元会長であるJohn... […続き]

1 / 5112345...102030...最後 »

人気キーワードランキング 2019/01/16

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。