IT用語「筐体」を解説!

専用ライターによる解説

 きょうたい筐体

パソコンなどに使う場合は、ハードウェアを構成する部品を収納する箱型のケースのことである。筐体は、部品の配置を固定したり、水やホコリを防いだり、外からの衝撃からの機器を保護する役割を果たしている。デスクトップ型の筐体では、建長で立てて使うように設計された筐体をタワーといい、そのサイズによってフルタワー、ミニタワー、マイクロタワーなどと呼ばれる。筐体が大きいとそれだけ、処理能力や拡張性に優れている。また、サイズを小さくすると拡張性が犠牲になるが省スペースを実現できる。それ以外に、ディスプレイを筐体と一体にしたものを一体型パソコンという。筐体が据え置き型の業務用ゲーム機や銀行のATMなどに用いられる場合は、特定の形状をした装置の大部分を指して用いられる。

「筐体」の画像検索結果

「筐体」のYOUTUBE検索結果

「筐体」のニュース検索結果

「筐体」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。