WordPress導入支援 WordPressでサイトをつくると検索順位があがります!
「見えない部分」の土台を大切にするGoogle SEO対策にむけて、実はWordPressが大活躍しています!

CHAPTER 1 どのような会社にもお勧めの方法です!!

次世代のSEOに向けた3つのキーワード

1.意味のあるURLを!「Semantic URL」の概念

「セマンティックURL」いきなり意味の解らない単語を持ちだして申し訳ございません。米国では一般的になりつつ、日本ではまだ認識しているひとが少ない、今後のSEOにとって重要なワードになる戦略のひとつです。

以下のアドレス2つを比較してみてください。http://www.○○○○.co.jp/detail.jsp?ISBN=4063726746

http://www.amazon.co.jp/宇宙兄弟-1-モーニングKC-小山-宇哉/dp/4063726746

上記の2つのURLだけをみて、内容が分かるのはどちらでしょうか?本の国内基準であるISBN番号をURLにしている前者の、某サイト様におかれましては、URLだけをみてもそのページが何のページなのかわかりません。

一方、後者のAmazonは、「日本語URL」を用いて、書籍名、出版社、作者までURLでわかります。URLに意味を持たせる、という概念は、ユーザーにとっても利益は明確で、Googleも当然ポイントUPの参考としています。

この日本語URL、単純にディレクトリ名を日本語にしただけでは文字化けを引き起こしたり、ブラウザによって表示されないやっかいもの・・・私達が「Google語」とも呼ぶ特殊な文字列でつくらなければいけません。

WordPressは標準でこの機能が備わっており、今後のSEO対策には必須の機能といえるでしょう。

2.「インデックス数」サイトの成長を促す記事追加機能!

私達SEO研究所にお任せを頂くだけでも、狙ったキーワードで上位化をお約束いたしますが、昨今のSEOは、「ホームページを育てる」という考え方をもっているサイトをより上位順位キープし、関連キーワードもついでに上位化したりと、お客様のご協力も欠かせません。

成長をしているサイトはどんなキーワードでも総じて上位化し、またどんなキーワードでも1位~3位に順位をつけるなど自然上位化の効用をえることができ、

一方で、成長をしていないサイトは、あらゆるキーワードでじわじわと順位をおとします。

なにをもって成長とするか、というと、「サイトのページ数が増えていること」。そして、Googleがそのサイトについて何ページを把握しているのか、という数値を
「インデックス数」と呼びます。

ぜひ、あなたの専門知識をフルに活用できる「ブログ」をホームページ内に設置し、日々更新をお願いします。狙ったキーワード以外にも細かなキーワードで上位化していくことが、費用を最大化させる鍵。WordPressではその機能が備わっています。

サイト内にページが20しかないサイトオーナー様でも、ブログを一日1記事書いて、毎日続ければ、月に30ページ増加。インデックス数は50となります。一年後には、365ページも増えます。このページボリュームが、競合との直接的な差になり、SEOをするうえでも資産になり、細かいキーワードでも上位化してくる鍵となります

3.重要!「サイトマップ」を自動でつくる

たくさんページを必要とする通販サイト、またブログを用いてたくさんページを準備したコーポレートサイトでも、追加したページをきちんとGoogleに伝えなくてはなりません。総計350ページあるホームページが、総計351ページになったところで、Googleがその1ページを探し、評価するのは、至難のわざ…。

そこで「sitemap(サイトマップ)」と呼ばれる、Google専用の、機械が読みこんでくれるサイトの地図が必要になります。

sitemap(サイトマップ)」は、一時期流行ったので、中途半端につくったサイトオーナーさんも、多く見かけます。 よくあるのが、本当は350ページあるのに、「sitemap(サイトマップ)」の更新をわすれて、sitemap上では100ページしかこのホームページには無いと定義してしまっていること。sitemapの更新って大変だし、忘れられがちです。

WordPressなら、「sitemap(サイトマップ)」の更新も自動化!毎月大量に追加されるページもきちんとGoogleと共有ができ、サイトの成長をきちんと評価につなげることが可能です!

導入だけなら誰でもできる!その使い方が大切です

WordPressによってホームページをつくる…
たくさんの書籍がでて、情報もたっぷり。バイトでも導入はできまし、どこの制作会社でもWordPressを設置できない会社はありません。

しかし、今日、その制作会社たちが、SEOの視点からその意味を本当に理解しているのか、疑問に思います。

WordPressで作られたのかどうか、私達の目でみれば外見だけでもなんとなくわかります。
日々くるSEOのご依頼の手始めとして、「WordPressのこの機能をONにして下さい」などの指導から始まることも、珍しくありません。

ホームページを、検索エンジン体質に!サイトの最下層、ページの末端までGoogleに愛されるWordpress導入

WordPressの導入によって、「サイトの中身が改善され、訪問者が問い合わせに結びつく率があがる」ということは、ありえません。

なにがWordPressのメリットなのでしょうか?

「サイトの見えないところが改善され、Googleからの評価があがり、様々なページからアクセスが増える」

ということが、WordPressを導入する意味であり、最大のメリットです。そのための見えない土台、更新しやすい記事投稿システム、簡単に「意味のあるURL」「日本語URL」にしてくれる機能、記事を投稿したらサイトマップなどでgoogleに通知してくれるシステム…。

設置だけでなく、使い方もメール・お電話・訪問でご案内させていただきます。
使いにくいツールを納品だけされて意味がわからない!というお声がないよう、意味のないことは無いように努めています。

このページのトップへ
CHAPTER 2 なぜSEO研究所がWord Pressを薦めるのですか?

SEO会社がWordPressを勧める理由

ご発注を頂いたキーワードの上位化だけなら、WPはいりません。

WordPressは御社のサイトの検索エンジン評価を最大限に高めます

WORDPRESS

私達は通常、ご発注を頂いたキーワードだけの上位化によってお金を頂戴しますが、お客様においては売上UPが最終目的です。

どこでお金が発生するのか、という契約上の話はさておき、売上UPのための役割を明確にすると、

弊社・・・外部リンクによって、外側から評価を高める

御社・・・内部の評価を高める

という構造になります。

御社には、必要最低限のホームページ微調整をお願いしますが、最低限のご案内は、契約キーワードを上位化させるための指導のみ。せっかく高まった「外側から評価」を、うまく活用すると、あらゆる関連キーワードで上位化して、アクセスが増えます。

その「内部の評価」を高めて、ポテンシャルを最大限ひきだすために、御社のちからと、WordPressの機能が必要なのです。「内部の評価をもっともっと高めたい!」というお客様には、診断・運用方法のご提案もしております。

せっかくのSEO対策、費用対効果を最大限に引き上げませんか?

このページのトップへ
貴社のお悩みをお聞かせ願えませんか? お問い合わせフォームへ
CHAPTER 3 御社のサイトにも WordPressは効果的です!

こんなサイトもWordPress!

WordPressは多様なサイトのニーズに答えます

コーポレートサイト×WordPress

WORDPRESS

当社のホームページも、実はWordPressで管理されています!

社員はかんたんにブログを更新でき、更新した記事が自動でトップページにも出るようになります。

また中級者以上の改造にはなりますが、「よくある質問」についての記事を、SEO対策、内部施策とメニュー別に記事にしたとき、

SEO対策のページに自動でリンクが追加される、
内部施策のページに自動でリンクが追加される、

といった工夫も、最初のシステム設計の段階でセッティングすることで、可能になりました。
サイトマップももちろん完備し、私たち自身が「SEO」での上位化に向けて体制を整えています。

通販サイト×WordPress

WORDPRESS

通販サイトも、WordPressでの開発が増えてきました。
なぜかというと、カゴが付いた通販用のホームページ制作サービスでは、多くはSEO対策に向いていないためです。まともにページごとに書きたいことも書けず、土台もぼろぼろ…そのかわり、セキュリティや決済・受注機能を高めてきたのが、通販ソフトの特徴。SEOの専門家から見て、SEOへの対応の薄さは寂しくなるばかり・・・。

カゴ機能は「ECCUBE」などの専門ソフトを用いて、合体させるケース。
または、WordPressの「プラグイン」でカゴをつくるケース。

いろいろありますが、通販サイトも、WordPress導入が増えています。

ある通販サイトは、店主のマニアックな知識を披露し、通販サイトながら熱狂的な読者を集めつつ、google対策も有利に進めています。

ある通販サイトは、「お客様の声」をWordPressをつかって投稿し、「意味のあるURL」「サイトの成長」「サイトマップで通知」の3つをうまく活用。他の通販サイトを出しぬいて、SEOを中心に集客を力強くUPさせています。

このページのトップへ
貴社のお悩みをお聞かせ願えませんか? お問い合わせフォームへ

料金・契約について

設置についてWordPressを設置します。

<新規設置>

初期費用 運用代行費
20万円~ お客様が作りたいホームページについてお聞かせ下さい。
WordPressの設置の必要性から一緒に考え、導入まで手配させていただきます。
  • *デザイン等費用は別途となります。
  • *他のデザイン会社等を起用し、WordPressのみ弊社に
    ご依頼頂く分業のケースもあります。

<リニューアル設置>

初期費用 運用代行費
20万円~ システムをインストールし、すでに作られているサイトを、WordPressにする作業を実施します。サーバを乗り換えなければならないケースも多く、サーバ手配も同時に進行します。
  • *デザイン等費用は別途となります。
  • *他のデザイン会社等を起用し、WordPressのみ弊社にご依頼頂く
    ご依頼頂く分業のケースもあります。

コンサルティング

<WordPress活用ガイド>

すでにWordPressを導入しているが、きちんとSEO対策に役だっているのかわからない・・・
がむしゃらにブログは投稿しているが意味があるのか無いのかわからない・・・
WordPressの中を拝見させていただたり、運用方法をお聞かせいただくことにより、
よりよい運用方法や、改善・改造案を提案させて頂くことが可能です。

弊社サービスをご利用ではないお客様
他社SEOサービスをご活用のかたで、弊社の活用ガイドプログラムをご利用頂く方は、実は多いです。
セカンドオピニオンとしてぜひご活用ください。
まずはサイトURLを拝見させて頂き、その規模・ご希望の内容によってガイドをご案内させていただきます。
弊社SEOサービスのお客様
サイトを拝見させていただき、訪問・メール・お電話などの方法でWordPressのよりよい活用方法についてご案内させて頂きます。
実際にシステム改造、設定変更など着手する以外では、お金は頂戴致しません。
  • *出張訪問の場合は別途出張費を頂く場合がございます。

サービスの流れ

手順 1

お問い合わせ今すぐTEL03-5428-3357

お客様のご要望をなるべく詳しく教えて頂けますか?弊社担当者より、折り返し返信をさせて頂きます。

手順 2

お打合せ、見積もり

要望ヒアリングをしたあと、作りたいシステム内容やボリュームに応じた見積もり、予測納期を提出致します。

手順 3

ご発注手続き

見積金額の50%前金にて、制作着手をしております。

手順 4

システム開発開始

お打合せで固まった目標事項や制作目的に応じて、システム開発を進めます。
要件定義でさらに詳しくヒアリングが必要な場合もございます。

手順 5

試験設置、テスト動作

ある程度出来たら、お客様が触れる環境に設置をいたします。実動作によって試験をお願いします。触った感触でさらに追加要望や感想を頂ければ、チューニング致します。
サーバ設置、納品
完成したホームページを、サーバにインストールして納品となります。
メンテナンス 設置したシステムの定期的な保守管理や、メンテナンスが必要でしたらお気軽にお申し付け下さい。
SEO研究所は御社の売上をあげます!!
貴社のお悩みをお聞かせ願えませんか? お問い合わせフォームへ

システム開発

各種システム開発

システム開発によって業務が効率化できます!とっつきにくいと感じる方も数十万円の投資でスタッフ一人不要になるパワーをご確認ください。

このページへ移動する

Google Apps導入支援

外にいてもすべての仕事ができる・・・弊社も採用している、これからのクラウド仕事術をご覧ください。

このページへ移動する

WordPress導入支援

WordPressでしっかり土台がつくられたWEBサイトが、本当に利益を生む体質になります。

このページへ移動する

SEO研究所5つの約束

1 必ず上位表示いたします 2 必ず売上を上げます 3 必ずお客様の立場に立って考えます 4 必ず期限を守ります 5 必ず満足させます

1つでも守れなければ...初期費用を全額ご返金します。 1つでも守れなけれれなければ...1円も頂きません!!

  • 株式会社グローバルサーチ代表取締役 西村太郎社長の社長ブログ もっと詳しくみる
  • 一流の技術で、一流の商品を世間に広げる SEO研究所 私達の理念・ビジョン もっと詳しくみる
SEO研究所は御社の売上をあげます!!
貴社のお悩みをお聞かせ願えませんか? お問い合わせフォームへ
このページのトップへ